FC2ブログ

ドル円125円から反落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は東京時間に125円台に乗せ、やや達成感が出たことや

    ユーロドルで、ユーロが大きく買われたことから円買い、ドル売りが

    優勢に。NYでは一時123円75銭まで下落し、今回のドル上昇局面

    では最も値幅を伴う下げに。

  • ギリシャ問題の合意が近いとの報道から、ユーロが買い戻される。

    ユーロドルは1.10台前半から1.12に迫るレベルまで上昇。

    ユーロ円も、今年1月14日以来となる138円台後半に。

  • 株式市場はギリシャ問題への懸念が払拭できず反落。ダウは

    28ドル下げ、1万8000ドル台をかろうじて維持。

  • 債券市場は続落。欧州債が売られ、金利が上昇した影響を受け

    売りものが優勢な展開だった。長期金利は2.26%台まで上昇。

  • 金は反発。原油も1ドルを超える上昇で61ドル台を回復。

    本日の注目イベント

  • 豪   豪1-3月期GDP

  • 中   中国 5月HSBCサービス業PMI(速報値)

  • 欧   ECB金融政策発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 欧   ユーロ圏4月失業率

  • 欧   ユーロ圏4月小売売上高

  • 欧   OECD、世界経済見通し公表

  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

  • 米   5月ADP雇用者数

  • 米   4月貿易収支

  • 米   5月ISM非製造業景況指数

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

    ドル円は昨日の東京時間に一瞬125円台に乗せましたが、そこを頂点に下落に転じ、

    NYでは123円75銭まで利益確定のドル売りに押されました。

    昨日は、どちらかと言えば、ユーロドルの動きに引っ張られた感じもしますが、12

    5円を記録した後の動きは、実はよく思い起こせば以前見た光景に似ています。

    125円05銭は、昨日の東京時間の昼休みに付けましたが非常に短い時間で、直ぐ

    に124円台に押し戻されました。

    ドル高の流れから「自然に」125台に乗せたものではない印象で、無理やり付けに

    行ったという感じです。

    3月10日も同じような動きがありました。

    昨年12月に記録した121円86銭の高値を更新する動きから、一瞬122円04

    銭までドル高が進み、その後急速に押し戻されました。

    この後ドル円は約2ヶ月半もの間、高値を更新できずにもみ合いが続いたことはご承

    知の通りです。

    昨日の動きがこの時と同じように、しばらく調整が続く「前ぶれ」なのかどうかは現

    時点では分かりませんが、状況はよく似ています。

    それは、125円までドルを買うことを正当化できなかったと思われ、市場のセンチ

    メントがドル高の最大の理由だったように思えるからです。

    ただここ2日間では、ようやく米長期金利も上昇に向かい。仮にギリシャ問題が合

    意に達すれば、リスクオフから、円売りが優勢になるようなシナリオを描きやすい状

    況にはなって来ました。

    ギリシャ問題も、昨日は「合意が近い」という報道に、ユーロを買い戻す動きが活発

    になりましたが、今朝のニュースを読む限り、まだ楽観は禁物のようです。

    ギリシャ政府は2日、新たな独自案を債権国側に提出し、債権国側もギリシャのデフ

    ォルトを避けるため、ギリシャが示す最終案に合意したと関係者が述べているようで

    すが、ユーロ圏財務相会合の議長(オランダ財務相)は、「経済条件を満たさない

    限り、合意はない。われわれが妥協すると考えるのは間違いだ」とテレビ番組で語っ

    てます。

    また、ドイツの与党有力議員は「ひどく混乱している」とも述べています。

    (ブルームバーグ)

    現時点では、債権国側は提案の取りまとめを完了し、3日にはチプラス・ギリシャ首

    相に直接伝えられる見通しのようです。

    この提案をギリシャ側が受け入れるのかどうかが、最後のヤマ場のように思えます。

    ドル円の上昇トレンド(日足)はまだ崩れていませんが、短期の1時間足では既に

    「MACD」がマイナス圏へと下落しています。

    目先は「120日線」のある124円前後がサポートで、その下は、昨日のNYの1

    23円75銭前後、さらには、「200日線」のある、123円08銭前後が重要な

    サポートです。

    また、上値では「雲」の位置する124円30-50銭辺りがレジスタンスになろう

    かと思います。このままドル高傾向が継続するのか、あるいは一旦調整モードに入る

    のか、今週末の雇用統計がその「カギ」を握っています。

    本日の予想レンジは123円50銭~124円50銭程度とします。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1796-53558d8f

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。