FC2ブログ

ドル円一時123円台後半に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は日本株を含むアジア株の下落で上値の重い展開。

    欧州時間には124円を割り込み、123円80銭台までドル売りが

    進んだが、NYでは米長期金利の上昇などから124円台前半で推移。

  • ユーロドルは方向感がない中、ギリシャ問題の進展具合を探る展開。

    1.12台で推移し、ギリシャからの提案も債権国側には受け入れられず。

  • 株式市場は前日と変わらずほぼ横ばい。ダウは2ドル下落し4日続落

    だったが、S&P500は僅かにプラスで引ける。

  • 債券相場は反落。3年債入札が低調だったことや、利上げ観測の広がり

    から売られ、長期金利は2.44%台まで上昇。

  • 金は続伸。原油価格も2ドル上昇し、60ドル台を回復。

    本日の注目イベント

  • 英   英4月鉱工業生産

  • 米   5月財政収支

    昨日はドル円の上値が重い展開でした。

    日本株は前日比360円も下げ、その他のアジア株も下げたことで、欧州市場では

    124円を割り込み123円86銭までドルが売られました。

    先週末の雇用統計後に記録した125円86銭から、丁度2円下落したことになり

    ます。NY市場では123円台を観ることが出来ず、124円台での推移に終始し

    ましたが、今日の東京時間で昨日と同じように株価が下落傾向を見せ、2万円の大

    台を大きく割りこむようだと再び124円割れがあるかもしれません。

    市場のセンチメントは少なくとも先週とは異なり、上値の重さを意識する雰囲気で

    す。

    今日は材料的にもインパクトのあるものはないため、やはり株価を睨んでの展開に

    なりそうです。特に、NYの株価が気になります。

    昨日の動きを見るとやや下げ止まり感も出てきたような気もしますが、NYダウは

    小幅ですが4日続落。S&P500が小幅ながらプラスで終わったことで、やや期

    待も持てますが、ここから大幅な下げを見せるようだと、日本株も影響を受けない

    わけには行きません。株安、ドル安の連鎖が起きる可能性もあります。

    それでも、ドルがここから大きく下げる可能性は低いと予想しています。

    米長期金利がじわじわと上昇傾向を示しているからです。

    年内の利上げは確実との見方が広がっていることで、債券には下落圧力が掛かって

    います。米金利が上昇傾向を見せている限り、ドル大幅下落のリスクは小さいと思

    われます。NY株式市場もいずれは利上げを織り込み、景気拡大というプラス材料

    として受け入れることも考えられます。

    ギリシャの支援問題が膠着状態から進展しません。

    ギリシャ政府は9日修正案を提出しましたが、この内容が従来に比べ後退したとし

    て受け入れられませんでした。これにより、現行の救済プログラムが終了する30

    日より前に合意できる可能性はますます遠のいたようです。

    それでも欧州委員会でユーロ問題を担当する副委員長は「今後数日に合意に達する

    のは不可能ではない」とブルームバーグは伝えています。

    本日10日には、ドイツのメルケル首相と、フランスのオランド大統領がブリュッセ

    ルで開く国際会議の場でギリシャのチプラス首相と会談することになっているよう

    で、トップ会談で合意できるかどうかの可能性を探る話し合いになりそうです。

    上でも述べたように、本日は株価の動きが最もインパクトのある材料になりそうで

    す。予想レンジは123円70銭~124円80銭程度と見ます。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1801-c160f756

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。