FC2ブログ

ユーロ窓を開けて取引開始 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は123円台で推移。ギリシャ問題が不透明なことで

    ユーロが売られ、ユーロ円も売られた影響からやや軟調となり

    123円台半ばで越週。

  • ユーロドルは下落。合意への道のりが長く、今月末の資金繰りが

    厳しくなるとの見方からユーロは売られ、1.12台割れも。

  • ギリシャ問題の進展が見られないことから株式市場は反落。

    ダウは140ドル下落し、1万8000ドルの大台を3日ぶりに

    割り込む。

  • 債券相場は小幅安ながら10年債は横ばい。

    長期金利も2.39%台でほぼ変わらず。

  • 金、原油は小幅に続落。


  • 5月生産者物価指数             → +0.5%

  • 6月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) → 94.6

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏4月貿易収支

  • 欧 ドラギ・ECB総裁、欧州委員会で公聴会

  • 米  6月NY連銀製造業景気指数

  • 米   5月鉱工業生産

  • 米   6月NAHB住宅市場指数

    ドル円は123円台でやや落ちついた動きになっています。

    先週末のNY市場でも、ミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想を上回る

    「94.6」だったものの、市場の反応は限定的で、今週開催されるFOM

    Cを見極めたいとする雰囲気が優勢でした。

    ドル円は123円14銭まで下落する場面もありましたが、ユーロ円の売り

    に押された格好でした。ギリシャへの支援問題は、10日チプラス首相と独

    仏とのトップ会談でも歩み寄りが見られず、続く11日にはEUのユンケル

    欧州委員長とも会談しましたが、ここでも平行線に終わっています。

    さらに14日、ブリュッセルで行われた債権者との大詰めの交渉はわずか4

    5分で終了しています。

    ブルームバーグニュースによると、両者の意見の隔たりが埋まらないまま、

    話し合いは決裂したようです。

    そのため、今朝のオセアニア市場ではユーロドルやユーロ円は「窓」を開

    けて取引が開始されています。ギリシャはIMFへの支払いを6月末に引

    き延ばしたこともあり、今月末に約72億ユーロ(約1兆円)の支払い期

    限が来ます。

    今週18日にはルクセンブルクで、ユーロ圏財務相会合が開かれるため、

    ここで合意できるかどうかが、デフォルトを回避できるかどうかのヤマ場

    になるとの見方が強まっています。

    これまで時間稼ぎをしてきたチプラス首相も反緊縮財政を取るのか、ある

    いは破綻の道を選ぶのかいよいよ決断を迫られることになりそうです。

    ドイツのガブリエル経済相は「ギリシャのユーロ圏離脱といった影が一段

    とはっきる見えるようになりつつある」と述べており、同経済相は15日

    独ビルト紙に寄稿し「ギリシャへの忍耐は限界に達している」との意見を

    載せています。

    今週は18日にはFOMCが開催され、会合後にイエレン議長の記者会見

    が予定されています。

    足元では9月の利上げの可能性が高まっているだけに、利上げに向けた何

    らかのメッセージがあるかどうかが焦点になります。

    また上述のように、この日にはユーロ圏財務相会合が開かれ、ここでの交

    渉の行方も相場に大きな影響を与えそうです。

    週末には日銀金融政策決定会合が開かれます。

    今回も政策変更はないと見られますが、会合後の黒田総裁の記者会見はい

    つもにも増して注目されそうです。先週、国会で「ここからさらに円安は

    ありそうにない」と発言したこともあり、その真意が確認できるかもしれ

    ないからです。

    本日の予想レンジは122円80銭~123円80銭程度とします。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1804-579043ad

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。