FC2ブログ

ギリシャ問題、楽観視はまだ早い? 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は米GDP確報値が予想通り上方修正されたことで

    124円38銭までドル高が進む。その後は長期金利の低下や

    ギリシャ情勢への楽観的な見方が後退したことから123円台

    後半まで反落。

  • ユーロは昨日の急落から買戻しが優勢となり、1.12台

    前半まで反発したが、その後は1.12を挟んでもみ合い。

  • 株式市場は大幅に反落。ギリシャ問題を巡る交渉が進展して

    いないことが材料視され、ダウは178ドル下落。

    1万8000ドルの大台を割り込む。

  • 債券相場は3日ぶりに反発。ギリシャ問題が依然としてリスクとの

    見方が強まり買い物を集めた。長期金利は2.37%台に低下。

  • 金は4日続落し、原油も反落。


  • 1-3月期GDP(確定値 )   → -0.2%

    本日の注目イベント

  • 欧   EU首脳会議

  • 米   5月個人所得

  • 米   5月個人支出

  • 米   5月PCEコアデフレーター

  • 米   新規失業保険申請件数


    ドル円は124円を挟んでもみ合いが続いていましたが、NY市場では

    米1-3月期GDP確報値が上方修正されたことを受けて124円38

    銭まで買われました。

    その後はギリシャ問題が再び嫌気され、株価が大幅に下落し、安全資産

    の債券が買われたことで長期金利が低下。ドル円も123円台後半まで

    押し戻され、結局昨日とほぼ同じ水準で戻って来ました。

    ユーロ圏財務相は24日ブリュッセルで、ギリシャ支援を巡る会合を開

    いたものの、支援条件をめぐる対立の打開は当面難しいとして2時間足

    らずで一旦終了しています。

    またギリシャのチプラス首相は、ドラギECB総裁、ラガルドIMF専

    務理事、ユンケル欧州委員長と会談しましたが、合意に近づいたとは言

    えないようです。

    ドイツ財務省の報道官は、「われわれの印象は、まだまだ先は長いとう

    ものだ」と語り、急速に盛り上がった楽観論が後退しています。

    ギリシャ支援を巡る問題は今週にも合意に達するとう見方が広がってい

    ましたが、まだ細部の条件の部分では折り合いが付いていないようです。

    ブルームバーグは、チプラス首相は増税などについてのギリシャ案を受

    け入れない債権団をツイッターで批判したと報じています。

    本日からEU首脳会議が開催され、ここで最後の協議が行われることに

    なっていますが、まだ予断は許せない状況です。

    最後まで「人騒がせ」なチプラス政権です。

    ドル円は堅調な株価を背景に底堅い動きを見せています。

    昨日は前日の高値である124円18銭を抜け、124円38銭まで上

    昇する場面もありましたが、124円台は維持できずに、元の水準に戻

    っています。

    やはり直ぐに125円台までドルを買う材料には乏しく、下値も堅いこ

    とからレンジ相場の様相を強めています。

    ここは次の材料が出るまで、小まめに利益を取っていくしか方法はあり

    ません。

    他の通貨を見ても豪ドル円は、こちらも95円台でのもみ合いが長い間

    続いており、ポンド円も195円台後半は重くなりつつも、テクニカル

    を見る限り上昇トレンドを継続中です。

    またユーロ円も138-140円台でレンジを形成しそうな状況で、い

    ずれも手詰まり感が漂っています。

    元気なのは株式市場です。

    日経平均株価は昨日も小幅に上昇し、2000年のITバブルの高値を

    抜きました。

    今朝の株式専門家のコメントも強気の意見が圧倒的です。

    個人的には、このような雰囲気のときこそ注意が必要だと考えています。

    その株価も、今日はさすがにNYの大幅安を受けて軟調な展開が予想さ

    れます。株価が大幅に下落したら、どの程度個人投資家や公的資金が下

    値を拾ってくるのか見ものです。

    ドル円の予想レレンジは123円40銭~124円40銭程度と見てい

    ます。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1812-a50b4a72

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。