FC2ブログ

ギリシャ支援合意できずユーロ円急落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はミシガン大学消費者マインドが上方修正された

    ことで堅調に推移。米長期金利が上昇したこともあり

    124円近辺までドル高が進む。

  • ユーロドルはギリシャ支援問題が決裂する可能性が浮上したことで

    1.1130までユーロ売りが進む。

  • 株式市場は反発。経済指標の好転を好感し、ダウは56ドル上昇。

    ここ2日間で250ドルを超える下げの反動との声も。

  • 債券相場は経済指標が良好だったことから売りが優勢となり、

    長期金利は2.47%台まで上昇。

  • 金は反発し、原油は小幅に売られる。


  • 6月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) →  96.1        


    本日の注目イベント

  • 日   6月鉱工業生産

  • 独   独6月消費者物価指数(速報値)

  • 欧   ユーロ圏6月景況感指数

  • 米   5月中古住宅販売成約指数


    ギリシャ議会が来月5日に国民投票を行うことを決め、債権国側はギリシャの返済

    期限延長を拒否したことを受けて、週明けのオセアニア市場では円が急騰していま

    す。ユーロドルは1.10の大台を割り込み、ドル円は122円11銭まで円高が

    進み、その結果ユーロ円は135円台半ばまで急落し、大きく窓を開けています。

    ユーロ圏側もこのままではギリシャからの返済がいつ実施されるかメドが立たない

    こともあり、これまでの柔軟な対応から、最終通告の手段に出た格好です。

    チプラス政権が国民の判断を尊重するとの立場から5日に国民投票を行うため、3

    0日に迫った返済期限を延長するよう要請しましたが、ユーロ圏側はこれを拒否し

    ました。

    今朝の報道ではギリシャのピレウス銀行は、週明けの29日に休業する予定だと発

    表しており、預金引き出しが続くことで、銀行が一斉に休業する「資本規制」を実施

    することになりそうです。メルケル独首相は、29日にべルリンで緊急会合を開

    き、議会幹部とギリシャの金融危機について協議し、ギリシャがユーロ圏から離脱

    した場合の影響に対応する準備を進める模様です。(ブルームバーグ)

    どうやら、ギリシャもこれまで何度も債権国側を懐柔し、延命を図ってきましたが、

    チプラス首相も反緊縮の旗を降ろせず、かといってこのままでは破綻することが目

    に見えていることから「国民に判断を委ねる」という最後の手段に出たものと思い

    ます。これで、ユーロ圏に残留しようがしまいが、それは「国民の判断」だと言う

    ことが出来ます。

    先週のNYでは、何とか週末には合意できるのではとの見方の中、株価は上昇し、

    安全資産の債券は売られ、ドルが買われて越週しました。

    今朝6時半過ぎに、これまで非常に堅いサポートだった122円40-50銭を

    割り込み、現時点では122円11銭まで円高が進んでいます。

    もっともこれは、朝方の参加者が少ない時間帯で122円40銭以下のストップ

    が執行された可能性も高く、このまま一気に121円台で安定するかどうかは

    不明です。

    本日はこの所、堅調な日経平均株価がどのような反応をみせるかが重要です。

    世界中が、週明けの最初の主要株式市場である東京の反応に注目しています。

    仮に、株価がそれ程下げずに終わっても、NYでは週末の今回の動きは織り込ん

    でいません。そのため、東京が想定以上に堅調であっても、そのまま海外市場も

    同様な動きをするかどうかは分かりません。ここは注意が必要です。

    欧州市場がオープンすれば「資本規制」が発動されるでしょう。

    同時にギリシャ発の金融危機を他の欧州諸国に伝播させないよう、ECBはコメ

    ントを出すことになり、主要国首脳から対応策が発表されることも予想されます。

    神経質な1日になりそうです。

    予想レンジは難しいですが、121円30銭から123円30銭程度にしたいと

    思いますが、基本は「ドルの買い場」を探すスタンスを維持したいと思います。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1814-6749f04b

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。