FC2ブログ

円、オプション絡みで乱高下。 



おはようございます。


20日に就任したオバマ大統領はワシントンでヴィクトリーロードを

夫人と共に行進しました。

そのヴィクトリーロードまでの移動に使った車は「キャデラックワン」という

大統領専用車です。

最先端の通信機器を搭載し、爆弾テロ、化学兵器の攻撃にも耐えられるという、

戦車のような車です。

「世界で最も防御に優れた車」ということのようです。

因みに、製造元はあのGMです。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 通貨オプション取引にからむ「ドル売り円買い」でドル/円は一時、87円10銭を
    つけ、12月の円高値に面あわせとなりました。

  • オバマ大統領の経済顧問であるボルカー元FRB議長が、米経済の建て直しには
    「数兆ドル規模の資金が必要。」との発言も米財政赤字拡大観測からドル売りに
    繋がったようです。

  • 円急騰に伴い、ユーロ/円は112円台、ポンド/円は119円台と記録的な水準に
    まで欧州通貨安が進んだものの、NYダウが大きく値を戻したことで前日のレベルまで
    急反発。

  • オバマ新政権の経済対策案が具体化されるとの報道や、納税問題で就任が遅れるとの
    見方のあったガイトナー次期財務長官の信認も順調に行われたことから、
    前日大きく売られたNYダウは終始堅調に推移し、結局280ドル近い上昇で引けました。



本日の注目点
       
  • 欧  ECB月例報告
  • 米  12月住宅着工件数 
  • 米  11月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数
  • 米  10ー12月期決算発表 マイクロソフト、グーグル   

           

昨日の海外市場ではドル/円を中心に、クロス円が乱高下しました。

通貨オプション取引の行使期限がNYタイム10時ということで、その思惑で

大きく値動きしたようです。

基本的な流れが「ドル安/円高」「ドル高/欧州通貨安」傾向だったこともあり、

短時間の中で円が急騰、ストップロスのドル売りも巻き込んで一気に87円10銭まで下落しました。

しかし、この水準は昨年12月18日にも一度トライをし、跳ね返されたレベルです。

抜けるかどうか注目されていたレベルでしたが、

まったく同水準で急反発したことでテクニカル的には「ダブルボトム」を形成した

ことにもなります。

しかしながら、大底をつけたかどうかは現段階では判断できません。

欧米が同時に金融危機に直面している現状を考え、資金が円に向かうというのは

理にかなっており、円買いが継続的に持ち込まれる中で、オバマ新政権の経済建て直し策が

具体的にどの程度即効性があるのか、しばらく様子をみなければなりません。

かつて「名議長」といわれたボルカー氏の発言が示したように米経済の回復にはこれまでの

8000億ドル規模では十分でなく、さらに予算が積み上げられる可能性もでてきました。

「経済対策が最優先で、財政立て直しはその後」との姿勢をとっているオバマ氏との政策とも

合致することから、この点にも注視する必要があります。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/182-e524d8f4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。