FC2ブログ

ドル全面高の展開 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

ギリシャ議会で緊縮策が承認されたことでドル円は底堅く
推移。欧州市場で124円台に乗せたドル円は、NY市場では
一段高にはならなかったものの、堅調に推移し124円台を
キープ。
ユーロドルでもドル高が鮮明となり、1.0855まで
ユーロ安が進む。対ドルでのユーロ安がユーロ円にも波及し、
ユーロ円は134円台まで下落。

株式市場は反発。企業決算やギリシャ情勢の好転を材料に
ダウは70ドル上昇し、ナスダックは最高値を更新。
債券相場はほぼ横ばい。利上げに対するポジション調整が
進んだものの、引け値では変わらず。

金は続落し、約8ヶ月ぶりに1143ドル台に。原油価格も
続落し、3ヶ月ぶりに50ドル台まで売られる。


新規失業保険申請件数       → 28.1万件
7月NAHB住宅市場指数     → 60
7月フィラデルフィア連銀景況指数 → 5.7

本日の注目イベント

米   6月消費者物価指数
米   6月住宅着工件数
米 6月建設許可件数
米   7月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
米   フィッシャー・FRB副議長講演
加   カナダ6月消費者物価指数

ドル高の流れが鮮明になってきました。
昨日この欄でも、ドル円は124円台に乗せ安定するかどうかがポイントと
書きましたが、NY市場では124円台に乗せ、そこから大幅に続伸するこ
とはなかったものの、124円台を維持して戻ってきました。ドル高の流れ
は、ユーロドルではさらに鮮明になっており、ユーロドルは1ヶ月半ぶりに
1.08台後半までユーロ安が進行しました。

イエレン議長の議会証言で9月の利上げの可能性は排除されなかったことや、
ギリシャ問題にようやく明かりが見えてきたことなどから、リスクオンが進み
、資金がドルに戻ってきたようです。ドルが全面高になっていることは、金価
格を見ても明らかです。

金価格は昨日のNYコメックスで、一時8ヶ月ぶりとなり安値をつけ、原油価
格も3ヶ月ぶりに50ドル台まで売られるなど、市場は徐々に米利上げを意識
したポジションメイクに傾斜してきました。

イエレン議長は前日に引き続き、昨日は上院で議会証言を行い、利上げは急ぎ
すぎても遅すぎても「どちらの場合もリスクがある」と証言し、「私自身は慎
重かつ斬新的なやり方で進めるのが好ましいと考える」と述べています。
またインフレ率については、インフレ率2%の達成を待たずに利上げを実施す
ることになろうと述べ、今後賃金が上昇してくると見込んでいることが背景で
あるとの認識も示しています。

市場ではつい昨日までは12月の利上げの可能性がコンセンサスになりつつあ
りましが、ドル全面高の動きを見る限り、再び9月利上げも復活してきた印象
です。

ドル円は日足では、6月の雇用統計直後に記録した125円86銭からのレジ
スタンスラインを上抜けしたばかりか、一目均衡表の「雲」も明確に上抜けし
ています。さらに「MACD」でも既に「ゴールデンクロス」が点灯しており、
一部はプラス圏に入ってきました。
問題はここからです。
目先は先月2度テストした124円45銭近辺の直近高値を抜けるかどうかです。
6月10日の「黒田ショック」以来ドルの上値が重くなり、市場関係者の一部
には当面のドルの天井を確認したので117円程度までドルが下落するといった
見方も出てました。「米利上げ」というメインシナリオが崩れない限り、ドル高
の流れは変わらないと予想してきましたが、市場のセンチメントも再びその方向
に傾いてきたようです。

長い間振り回されたギリシャ問題も、ECBがつなぎ融資を行うことで、ESM
が実行されるまでの資金繰りのメドがついたようです。
市場は急速にリスクオンに傾いてきましたが、まだ中国発の株価の暴落リスクが
なくなったわけではありません。
従って、ドル円も上記高値を抜いていくにはまだ時間が掛かると予想されます。
ドル円もある程度利益が取れるものは取っていく必要があろうかと思います。そ
の上で、もし125円台の高値が抜けたら、その時は「順張り」で対応していけ
ばいいいのです。

本日のドル円は123円60銭~124円60銭程度を予想しますが、ユーロド
ルの動きにも目配りが必要です。
ユーロドルが1.07台を目指すようなら、ドル円も124円台半ばをクリアす
る可能性もありそうです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1828-0584dca9

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。