FC2ブログ

ドル円、イエレン発言に下げを埋める 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 欧州時間に入ると下げ足を早めたドル円は、NYの朝方には
    119円21銭まで下落。株安、金利低下に反応したが、株価が
    下落幅を縮小したことで買い戻しが入り、今朝方のイエレン議長の
    発言に120円30銭近辺まで反発。

  • ユーロドルも朝方はドル安の流れに1.13に届くレベルまで買われたが、
    その後のイエレン発言にドルが買われ、1.11台後半までユーロ安が進む。

  • 株式市場は独フォルクスワーゲンの不正問題の影響もあり、大幅な下落で
    始まったが、原油が上昇したことでエネルギー株が買い戻され、下げ幅を
    縮小。それでもダウは78ドル下落し、1万6200ドル台まで下げる。

  • 株価が下落したことから、債券には資金が集まり価格は上昇。
    長期金利は一時2.1%を割る場面も。

  • 金は大幅に続伸し1153ドルと、約1ヶ月ぶりの高値に。原油も反発。

  • 新規失業保険申請件数   → 26.7万件

  • 8月耐久財受注      → -2.0%

  • 8月新築住宅販売件数   → 55.2万件


本日の注目イベント

  • 日   8月消費者物価指数
  • 欧   ユーロ圏8月マネーサプライ
  • 米   米中首脳会談
  • 米   4-6月期GDP(確定値 )
  • 米   9月ミシガン大学消費者信頼感指数(確定値)
  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
  • 米   ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演

=============================================================

独フォルクスワーゲンの排ガス試験を巡る不正問題が、米国だけではなく
欧州でも行われていたことが明らかになり、ドイツDAXをはじめ、欧州
株が軒並み下げたことで、リスクオフから円が買われる展開となり、
ドル円は119円21銭まで下落しました。
昨日の東京の朝方からは1円以上の円高が進みましたが、その後買い
戻しが入り、今朝方のイエレン議長の発言から120円30銭近辺まで値を
戻し、結局「往って来い」の相場展開でした。

イエレン議長は、日本時間今朝方、マサチューセッツ州で講演し、自身を
含めFOMC参加者の大半は年内の利上げを見込んでいると述べ、ただし
経済面で「予想外の出来事」が生じた場合はこうした見通しが変わり得ると
語っています。
イエレン議長のこの発言で、先週は見送られた利上げが、依然として年内
あと2回あるFOMCで決定される可能性もあることが確認できたことに
なります。
外部環境の変化が政策判断に与える影響は大きいものの、FRBとすれば
できるだけ早い段階で正常化への筋道はつけておきたいとの考えがある
ことが窺えます。

ドル円は1円の値幅で「往って来い」の展開となりましたが、120円を
挟み、まだ明確な方向性は見極めにくい状況です。
ただ、じっくりとチャートをみれば、8月の後半から始まった世界同時
株安の割にはドル円は健闘していると言えないこともありません。
因みに、NYダウが4日間で1086ドル下げた8月23日ごろの
ドル円は121円台後半でした。

株価が大きく売られ、債券が買われたことで米金利が低下しました。
典型的なリスクオフの動きのなかで、ドル円は一時116円台前半まで
売られる場面もありましたが、それも「瞬間風速」で、概ね119円~121円
のレンジ内で動いています。
先週のFOMCで利上げが見送られたにも関わらず、ドルの下値は
そこそこ堅いと見ることもできます。
この背景には、 日米欧では景気が順調に拡大している米国が、いずれ利上げに
踏み切るとの見方があるということです。

米国の利上げ観測、中国景気の減速と通貨切り下げ、そして今度はフォルクス
ワーゲンの不正問題など株式市場は大混乱が続いています。
多くのヘッジファンドにとっても、2015年度は「困難な年」になりそうです。
個人投資家の皆さんもここは守りの時期と割り切って、株式市場をはじめ、金融
市場が落ち着きを取り戻すまでは、大きな損をしないように心がけるべきでしょう。

本日もドル円の上値は重い展開が続くと思われます。
安倍首相の「GDP600兆円」も具体策や達成時期はまだ不明です。
株価が急反発しないという前提にたてば、ドル円のレンジは119円30銭~
120円70銭程度と予想します。

=================================

ラグビー、ワールドカップで日本代表が南アフリカを破ったことで、
翌日のテレビはどこもラグビー一色でした。
実は筆者も40年以上ラグビーを見てきて、今回の勝利は快挙だと思います。
野球で言えば、高校生チームがプロ野球チームを破ったとは言いませんが、
社会人チームを破ったくらいの快挙ではないでしょうか。
かつて大西鉄之助氏が考案した「カンペイ」のように、体力的に劣る
日本人には独創的な戦略が求められますが、今回のモールからのスクラム
トライも日本的な攻撃方法に見えました。

良い週末を・・・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1869-446464a4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。