FC2ブログ

イエレン発言を受けドル上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はイエレン議長の発言を受けて一時、123円68銭

    までドル高が進行。12月利上げの可能性がさらに高まった。

    ただ、その後は株価が急落したことで引けにかけては

    123円11銭までドルが売られる。

  • ユーロドルもイエレン発言を受けて1.06台前半からユーロ

    売りが進む。一時は1.0550まで売られたが1.05台半ばは

    割り込めず反発。

  • 株式市場は大幅反落。原油価格が40ドルを割り込んだことから

    エネルギー株を中心に幅広く売られる。ダウは158ドル下落し、

    前日の上昇分を吐き出した格好に。

  • 債券相場は小幅に続伸し、10年債利回りは2.17%台に。

    一方、2年債利回りは利上げを織り込む形で上昇し、約5年ぶりの

    高水準に。

  • 金はドルが買われたことから続落。原油価格は在庫が予想以上に

    膨らんでいたことから売りが優勢となり、節目の40ドルを割り込む。


  • 11月ADP雇用者数 → 21.7万人


    本日の注目イベント

  • 豪   豪10月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏11月製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏11月サービス業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏10月小売売上高

  • 欧   ECB金融政策発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 英   英11月サービス業PMI

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   10月耐久財受注

  • 米   11月ISM非製造業景況指数

  • 米   ロレッタ・クリーブランド連銀総裁講演

  • 米   イエレン・FRB議長経済合同委員会で証言

  • 米   フィッシャー・FRB副議長講演


    イエレン・FRB議長は昨日の講演で、「10月のFOMC会合以降の経済

    と金融のデータは全般的に見て、労働市場の改善が続くというわれわれの見

    通しと整合的だ」と語り、利上げに対する前向きな発言を行いました。

    さらに議長は、「事実上のゼロ金利時代の幕引きを遅らせすぎると、急激な

    引き締めを余儀なくされ、その結果、金融市場が混乱し、6年にわたる景気

    拡大が損なわれるリスクがある」(ブルームバーグ)

    とも述べ、事実上12月の会合での利上げを認めたような印象を残しました。

    ドル円はこの発言を受けドル買いが進み、一時は123円68銭まで上昇、

    ちょうど今週月曜日につけたドルの高値と同水準までドル高が進みました。

    しかし、これまでも123円50-124円を何度か試して抜け切れない展

    開が続いていましたが、昨日も、この水準を高値にドルが反落しています。

    NY株式市場が大幅安になったことで、リスクオフの流れが強まったことが

    背景です。

    原油価格が節目の40ドルを割り込みました。

    原油在庫が予想以上に増加していたことに加え、明日開催されるOPEC総

    会で、加盟国の過半数が減産に同意するとの見通しですが、サウジアラビア

    やペルシャ湾のアラブ諸国が反対しており、減産で合意される見通しが立た

    ないことが売り材料になっています。この原油価格の下落がNY株のエネル

    ギーセクターの大幅下落につながり、一時123円台半ばを超えていたドル

    円を押し下げた要因と言えます。

    上述のイエレン議長の発言を加え、昨日はアトランタ連銀のロックハート総

    裁も、政策金利は今月引き上げることが望ましいとの考えを示しています。

    (ブルームバーグ)

    ここまで来ると、明日の雇用統計でよほどのサプライズがない限り、12月

    の利上げはほぼ決まったと考えられます。

    同時に、12月利上げは市場に概ね織り込まれたと考えてもいいと思います。

    焦点は2016年の利上げのペースです。

    FOMCの日程を考えると、早ければ3月の会合で2016年度最初の利上

    げが見込まれますが、そうなると、その後に少なくとももう1回、場合によ

    っては2回あるかもしれません。

    都合3回利上げがあれば、フェデラルファンド(FF)金利は1%程度まで

    上昇していることになり、ドルのサポート材料になると思われます。

    反対に3月に利上げがないとすれば、2016年度の利上げの回数は状況に

    よっては1回、あるいは多くても2回ということが想定され、ドル売り材料

    になることが考えられます。

    前日に発表されたISM製造業景況指数が「50」を大きく下回ったことを

    考えれば、米景気は磐石とは言えず、来年の利上げが1回だけという事態も

    考えられなくはありません。

    今月から来年3月までに製造業がどこまで回復するのかが、2016年の相

    場展開を予想する上での分岐点になりそうです。

    本日もドル円は底堅い展開が予想されますが、日経平均株価が想定外の下落を

    見せると下値のテストもあるかもしれません。

    予想レンジは122円80銭~123円80銭程度と見ます。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1909-4668043f

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。