FC2ブログ

WTI原油価格ついに30ドル割れ 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はNY株が反発したことで118円08銭まで上昇したが、

    原油価格が30ドルを割り込むと徐々に売られ117円38銭をつける。

    株価と原油価格に翻弄される展開が続く。

  • ユーロドルはユーロ売りがやや優り、1.0819まで下落。

  • 株式市場は荒っぽい動きが続く。ダウは朝方は200ドル近辺まで

    反発したが、原油価格が下げるとマイナスに。引けにかけては再び

    上昇に転じ、結局117ドル高で引ける。

  • 債券相場は上昇。原油安を受けてインフレ期待が低下した。

    長期金利は2.11%台まで低下。

  • 金は続落し1085ドルに。原油価格は中国景気の不透明さを背景に

    30ドルを割り込む。引け値は若干戻して30.44ドル。

    本日の注目イベント

  • 中   中国12月貿易収支

  • 米   12月財政収支

  • 欧   ユーロ圏12月鉱工業生産

  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

  • 米   グアテマラ・ボストン連銀総裁講演

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

    欧州市場では原油価格が32ドル台まで反発したことから、欧州株が上昇し、

    ドル円も118円台に乗せる場面もありました。

    NY市場でも朝方はその動きを好感し、ダウは大きく上昇して始まりました

    が、原油価格がジリジリと下げ始め、30ドルの大台を割り込むと株価もマ

    イナス圏に反落。引けにかけては再びプラスで引けるなどかなり大きな値動

    きが続いています。

    ドル円は117円台半ばまで売られていますが、前日同様116円台への下

    落は回避されています。

    引き続き株価の行方と原油価格の動きが全ての価格を決定しているような状

    況が続いていますが、その震源地が中国であることは言うまでもありません。

    中国の景気が予想以上に落ち込んでいるとすれば、原油需要が急激に減少す

    るとの見立てから、昨日のWTI原油価格は、ついに30ドルの大台を割り

    込んで、一時は「29ドル93セント」まで売られました。

    原油価格は昨年末が37ドル台でしたので、すでに19%ほど下落したこと

    になり、急落といってもいいと思います。

    そもそも供給過剰状況なところに、イランの経済制裁解除に伴う増産。さら

    に、価格が50ドルを下回れば米国のシェールオイルもコストが見合わず、

    生産を中止すると見られていましたが、実際にはリグの稼動は想定よりも中

    止に追い込まれていません。借入金の返済のために、損が出ても生産を中止

    できないといった情報もありますが、さすがに30ドルを下回ると、生産中

    止に追い込まれるところも出てくると思われ、今後はその種のニュースにも

    注意したいところです。

    原油価格の30ドル割れは米国のシェールオイルだけではなく、サウジなど

    石油大国にもその影響が出ます。膨大な「オイルマネー」を保有するサウジ

    などは、収入が大きく減少するため、投資資産の切り崩しを始めているとも

    言われています。

    これが米国や欧州株が大きく売られている要因の一つでもあるようです。

    しかしもっと売られているのが昨日の日本株です。

    日経平均株価は一時は前日比500円を超える下げを見せ、1万7150円

    あたりまで下げました。引け値でも479円安と、これで年初からの営業日

    は全て下げるという異常な状況になっています。今朝の新聞では「買い手不

    在」といった見出しが目につきました。原油価格の下落は日本にとってプラ

    スマイナス両面がありますが、総体的にはプラスと見られます。

    実際メーカーにとっては生産コストが下がり、販売価格が変わらない限り収

    益を底上げします。

    来週から始まる日本企業の決算発表でも、その影響が確認されると見ています。

    そんな状況でも大きく下げる日本株は、まさに「買い手不在」なのかもしれま

    せん。

    株価や原油価格の下げに比べれば、ドル円の下げは今のところ小幅です。

    それでも115円の大台を割り込むと、下げがきつくなることも予想されます。

    中国に対する不安が払拭されないと今回の混乱は治まりませんが、本日は中国

    の貿易収支が発表され、市場はその輸入額に注目しています。

    輸入額の減少は中国国内の景気の鈍化を示唆することになるからです。

    日本株の下げも今日は一服でしょう。

    予想レンジは117円30銭~118円50銭程度とみます。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1933-7f687f4c

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。