FC2ブログ

NY、原油株高でドル円118円台後半 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は株価の上昇を受け、これまで上抜けできなかった

    118円25-30銭を抜けると上昇に弾みが付き、118円88銭まで

    ドル高が進む。懸念された原油価格が急反発したこともドルを押し上げた。

  • ユーロドルもドル高ユーロ安が進む。1.0789までユーロが

    売られたが、前日の安値更新はならず。

  • 株価は大幅に続伸。エネルギー株が上昇を牽引する形で、ダウは210ドル

    上昇し、ここ3ヶ月では最大の上げ幅を記録し、1万6000ドル台を回復。

  • 債券相場は続落。株高や原油高の影響から、売り物が優り下落。

    長期金利は2.05%台まで反発。

  • ドルが買われたことで金は続落。原油はECBの追加緩和観測が高まって

    いることから買い戻しが入り、前日比2.66ドル上昇。32ドル台を回復。


  • 12月中古住宅販売件数  → 546万件


    本日の注目イベント

  • 日   12月貿易収支

  • 独   独1月IFO景況指数



    先週末のNY市場では連日大荒れしていた市場も落ち着きを取り戻し、原油価

    格が急反発し、株価も大幅に上昇。これらを好感してドル円も118円台後半

    まで上昇しています。今朝5時台のNYからの報告では「荒れていた市場は治

    まりましたが、今度は天候が荒れています」との声でした。

    NYのマンハッタンでは大雪に見舞われ、セントラルパークも雪に覆われてい

    ました。

    前日のドラギ総裁のコメントが効いているのか、市場はやや落ち着きを取り戻

    し、これまでのショートポジションを買い戻す動きが加速しました。

    WTI原油価格は2日間で5ドルを超える反発を見せ、NYダウも2日間で3

    25ドル程上昇しました。ドル円もリスクオフの後退から買い戻しが入り、1

    18円88銭まで反発しています。一息ついたといったところでしょうか。

    ドラギECB総裁が、次回3月の理事会で政策を見直すと言明したことが、今

    週開催されるに日米の金融政策にある程度影響を及ぼすのではないかと言った

    見方が広がってきました。今年最初のFOMCが26-27日に開催されます。

    昨年12月に利上げを決定してからの経済指標は雇用統計を除けば、ほぼ全敗

    です。ここまで経済指標が低迷している中で、今年の利上げ回数はせいぜい2

    回が一杯で、1回もありえるといった雰囲気が支配的になってきました。

    今回のFOMCはイエレン議長の記者会見は予定されていないため、声明文の

    みということになります。ここまで経済指標が弱含んできたことから、声明文

    では景気見通しを下方修正し、場合によっては可能性は低いと思われますが、

    「今年の利上げは一旦棚上げ」といった内容になることも予想されます。

    そこまではないとしても、「利上げのペースは想定されるよりもさらに緩やか

    になる可能性がある」といったニュアンスの文言が挿入されることも考えられ

    ます。いずれにしても、年初から始まった混乱を沈静化させるべく文言が加わ

    ると予想しています。

    そして28-29日には日銀金融政策決定会合が開かれます。

    ここでは展望レポートも発表されますが、物価見通しを下方修正し、2%の物

    価目標達成時期を「2016年後半ごろ」から、さらに引き延ばすのではない

    かと見られています。一部には追加緩和の実施もあると予想されていますが、

    上述のように、市場が落ち着きを取り戻している足元では、その可能性は低い

    のではないでしょうか。ダボス会議に出席中の黒田総裁にブルームバーグがイ

    ンタビューを行った内容を読むと、「現時点で、金融市場の状況が企業行動に

    それ程大きな影響を与えているとは思わない」として、「必要なら、ちゅうち

    ょなく行動する」と言った、これまで述べてきた言葉を繰り返しています。

    期待があるだけに、もし見送られたら、市場はやはりドル売りで反応しそうで

    す。

    本日はNY株高を受けて日本株も200円から300円程度上昇すると見られ

    ます。先週末に1000円近い上昇を見せただけに、期待されたほど上昇しな

    ければ118円台前半を試すことも予想されますが、500円に迫るようだと

    119円台が見られるかもしれません。市場のセンチメントは依然として「戻

    り売り」のスタンスを維持しているように思えます。

    予想レンジは118円~119円30銭程度と見ます。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1941-bacac964

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。