FC2ブログ

原油価格再び下落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は先週末のNYの高値である118円88銭が抜けず反落。

    原油価格と株価の下落にドルはじり安となり118円台前半まで売られたが、

    今週の日米金融政策を控えて動きにくいとの声も。

  • ユーロドルは小動きながら、1.08台前半から小幅に上昇。

  • 株式市場は大幅に反落。原油価格の下落に引っ張られる形で、

    エネルギー株を中心に下落。ダウは208ドル下げ、先週末の

    上昇分を吐き出す。

  • 債券相場は反発。原油価格の下落で安全資産への逃避が

    強まった。長期金利は2.01%まで低下。

  • 金は3日ぶりに反発。原油は先週後半に急速に戻した反動もあり

    1.85ドル下落。

    本日の注目イベント

  • 米   FOMC(27日まで)

  • 米   11月ケースシラー住宅価格指数

  • 米   1月消費者信頼感指数

  • 米   11月FHFA住宅価格指数

  • 米   1月リッチモンド連銀製造業指数

  • 米  企業決算 → アップル、P&G、3M


    ドル円は海外市場で再び売られ、118円台前半までドル安が進んでいます。

    昨日の日経平均株価も思ったほど伸びず、ドル円もNYの高値を抜けず上値

    の重い展開でした。もっとも116円割れからの反発であったことを考えれ

    ば上昇にも限界がありそうな感じはありました。

    NYでは原油価格が2ドル近く下げ、それに伴って株価が下げ円が買われる

    という、いつものパターンがドル円を押し下げています。

    WTI原油価格は先週後半の2日間で5ドルを超える反発を見せましたが、

    昨日は大幅に落しました。サウジが原油安にも関わらず、エネルギープロジ

    ェクトへの投資を継続すると表明したことが材料視され、売りものが膨らん

    だようです。

    足元の動きは、原油価格が下がれば株価が下がり円が買われるという、ある

    意味分かりやすい相場展開とも言えます。

    そのため、原油価格の行方を読むことが勝利への近道ですが、専門家の多く

    は20ドルを目指していると予想しています。

    かつては「オイルショック」で相場をかく乱させたことはありましたが、

    「逆オイルショック」での相場の混乱は、未経験の領域です。

    今週の最大の焦点は日米の政策会合です。

    FOMCは26-27日に開催されますが、12月に利上げを決めたばかり

    であることや、イエレン議長の記者会見も予定されていないことなどから、

    政策変更はないものと思われます。

    むしろその後に発表された多くの経済指標が下振れしたことを考慮すると、

    今年の利上げの回数が限定的になるとの見方が優勢です。

    FOMC声明文では、中国発の混乱を沈静化させる意味も含めて、利上げ

    のペースがさらに緩やかになるといったニュアンスの文言が盛り込まれて

    もおかしくはありません。

    日銀金融政策決定会合は27-28日に開かれ、今回も追加緩和があるの

    かないのか、個人投資家からの質問も多く、関心を集めています。

    確かに外部環境的には、今回追加緩和があっても正当化されると思います

    が、これまでの一連の黒田総裁の発言からは、その可能性は低いと予想し

    ています。

    一つには、FRBが3月に利上げができるかどうかを見極める必要がある

    のではないかと思われるからです。

    これまでにも3月に利上げができるかどうかは、今年の相場を占う意味で

    重要だと述べて来ましたが、

    仮にここで利上げが実施できなかったら、米景気が予想以上に鈍化してい

    るとの見方が定着し、ドルが大きく売られることになりかねません。

    115円の大台を割り込むと、下落スピードが加速することも予想されま

    す。日銀としては、そこまで見極めた上で判断したいという意向もあるの

    ではないかと思います。

    ただそうは言っても、原油価格の大幅下落に加え、期待してる今春闘の賃

    上げも掛け声だけで終わる可能性も出てきました。

    世界景気の鈍化や円高へ振れそうな気配がある中、企業経営者は慎重にな

    っていると思われます。日銀がこのあたりを考慮すれば、「ちゅうちょな

    く行動する」可能性も否定できません。

    追加緩和が実施されたケースを想定しておくことも必要です。

    本日は軟調な株価にドル円がどこまで下げるかという点が焦点です。

    日経平均株価の大幅な下げがあれば118円を割り込むこともありそうで

    すが、上記日米の会合を控えて、動きにくいかもしれません。

    予想レンジは117円70銭~118円80銭程度と見ます。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1942-f99d5fe9

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。