FC2ブログ

市場の混乱続く 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 日本株の急落で114円台前半まで下落したドル円は115円台を

    回復したものの、米金利や原油価格の下落から114円33銭まで

    押し戻される。その後、株価が下げ幅を縮小したことで再び115円台に

    戻して引ける。

  • ユーロドルは続伸。ドル安が進んだことで、約3ヶ月ぶりとなる

    1.13台前半までユーロが買われる。

  • 株式市場は小幅に続落。原油価格の下落からエネルギーやテクノロジー株

    が売られた。ダウは12ドル安と下げ幅を縮小して取引を終える。

  • 債券相場は続伸。日欧で金利低下が進んだことから米国債も買われた。

    長期金利は1.72%台まで低下。

  • 金は小幅に続伸。原油価格は供給過剰が意識され大幅安。約3週間ぶりに

    28ドルを割り込む。

    本日の注目イベント

  • 中   中国1月マネーサプライ

  • 英   英12月鉱工業生産

  • 米   1月財政収支

  • 米   イエレン議長、下院で議会証言

  • 米   ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演


    市場の混乱はさらに増幅され、昨日の東京時間では「リスクオフ」が一段と進み、長

    期金利がついにマイナスにまで低下して、一時はマイナス0.035%まで債券が買

    われました。日銀による量的緩和がそもそも行われている状況下に、安全資産の国債

    を購入しようという動きが加わったためです。

    そのドライバーとなったのが、円高と株安でした。

    昨日もこの欄で述べたように、115円を割り込むとスピード感を伴って下落が加速

    し、昼前には114円20銭まで円が買われました。

    株式市場では、歩調を合わせるように株安が進み、一時は前日比950円ほど下げ、

    引け値でも918円安と、今年最大の下げ幅を記録しています。

    「マイナス金利、円高、株安」これらが何を示唆しているのか、専門家のわれわれが

    汲み取らなければならないはずです。

    多くの個人投資家が考えているのが、長い目で見たら「絶好の買い場だとは思うけど、

    怖くて買えない」そんな状況ではないでしょうか。

    そもそも、既に含み損を抱えていることも買いをためらわせる理由になっています。

    ただ、冷静にチャートを眺めると、こちらは既に下落を示唆する形状に変わっていま

    す。ドル円は114円台前半まで売り込まれたことから、110円を目指している可

    能性もあります。「下げたら買う」のではなく、「戻したら売る」相場展開に換わっ

    ている可能性があるかもしれません。

    個人的には今年1年を見た場合、ドル円は125円程度まで反発することがあると予

    想していましたが、年初来から続く、原油安、株安、あるいは中国景気の鈍化に加え、

    米国の景気そのものが怪しくなったことが「誤算」でした。

    米景気については、昨年第四半期からその兆候はありましたが、12月のFOMCで

    は約10年ぶりの利上げを決めたことで、FRBが米景気の先行きに自信を持ってい

    る証左だと判断しました。

    さらにその時点でのドットチャートでは2016年には4回の利上げも想定されて

    いました。

    事実イエレン議長は、「米景気の強さに確信を持った」というコメントを残していま

    す。米国が緩やかな利上げを継続する限り、ドルは底堅いと考えたわけです。

    しかし上述のように、状況は一変しています。

    世界的に低金利が拡大し、それに追い討ちをかけるように先月末の日銀の「マイナス

    金利導入」でした。短期から長期にわたるイールド・カーブを低下させ、景気を刺激

    することと、市中銀行を通じて資金を市場に供給することを目指したものでした。

    結果的には日本の金利は昨日のように、10年債までもがマイナスになり、日米金利

    差の拡大からドル高円安に振れるとのシナリオがあったものの、米国の金利もそれ以

    上に低下したことから、単純に「リスクオフ」が強まっただけでした。

    日本は過去に例のない「マイナス金利導入」を実施しましたが、これが正しかったか、

    間違いだったかは今後歴史が証明してくれることにはなりますが、この影響が個人預

    金にも本格的に出るようだと、想定外の動きがあるかもしれません。

    1700兆円ある個人資産がどの方向へ向うのか、じっくり見極める必要があります。

    本日は夜中の12時にイエレン議長の議会証言があります。

    足元の金融市場の混乱は米国の利上げと無関係ではありません。

    ここは議長としても混乱を鎮静化させるためのメッセージが必要です。

    「利上げは一旦棚上げ」という意味合いにつながるようなメッセージを期待したいと

    思います。予想レンジは114円~116円程度と見ますが、引き続きボラの高い展

    開が想定されます。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1953-7cfe89fd

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。