FC2ブログ

ドル円一時111円割れ 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 世界の金融市場の混乱は続くとの見方から、ドル円は急落。
    一時111円を割り込み、110円99銭まで円買いが進む。
    その後は介入の噂などがあり、113円台まで反発するなど
    乱高下。円は主要16通貨に対して全面高。

  • ユーロドルも荒っぽい動きを見せ、1.1376近辺まで
    上昇した後、1.13台前半まで下げる。ユーロ円は欧州時間に
    126円台前半まで下落。

  • リスク資産からの逃避が進み、株式市場は5日続落。
    銀行株を中心にダウは254ドル下げ、1万5600ドル台に。

  • 債券相場は続伸。リスクオフが一段と進み、長期金利は
    1.65%台まで低下。

  • ドル安の追い風を受け、金は大幅に続伸。約1年ぶりとなる
    1247ドル台まで買われる。一方原油安は止まらず26ドル台

  • 新規失業保険申請件数  → 26.9万件


本日の注目イベント

  • 独  独10-12月期GDP(速報値)
  • 欧  ユーロ圏10-12月期GDP(速報値)
  • 欧  ユーロ圏12月鉱工業生産
  • 米  1月小売売上高
  • 米  2月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

「イエレン・ショック」とも言うべきでしょうか。
イエレンFRB議長は議会で証言を行いましたが、期待したほど
市場安定化へのメッセージはなく、市場はある意味「失望」から、
円買いドル売り、さらには株式を売って、債券を買う動きを加速
させています。

昨日の海外市場でドル円は一気に111円を割りこむ水準まで
円高が進み、連休前の水準から4円以上もドル安に振れています。
110円台を付けた後には113円台までドルが買い戻され、
市場では「介入」の噂も出たようですが、実際には確認されて
いません。
ただ、これだけ短期間に円高が進んでいることを考えれば、
110円を割り込んだら「口先介入」か「レート・チェック」は
十分あり得ると思われます。

イエレン議長は議会で、市場の混乱には配慮する姿勢は見せたも
のの、「米経済は拡大が続く」と述べ、「雇用は力強さを増す」
などとも発言し、経済データ次第では利上げのぺースを「減速」
させるのが適当と述べるに留まりました。
これらの発言は、足元の混乱を治めるには十分でないとの見方から、
各市場では「リスク・オフ」の流れがさらに加速する形になりました。

個人的にはもっと突っ込んだ発言を期待していただけに、
「ハト派」のイエレン議長にしては、やや失望感が残ります。
ECBが動き、その後は、成功はしていませんが日銀も行動を
起こしました。
イエレン議長には足並みを揃え、「最後のアンカー」としての期待を
していましたが、残念です。

その後の市場の混乱ぶりを見れば、その期待が大きかったことも
わかります。
ドル円は2014年10月の「サプライズ緩和」時点の水準に戻って
おり、NYダウは約2年ぶりのレベルに沈み、原油価格は12年半ぶり
に26ドル台前半まで売られています。
ドルが急速に売られたことで、金価格は昨日だけで53ドルも上昇し、
こちらは1年ぶりの高値です。
リスク回避が急速に進み、「安全・安定」への姿勢が一段と強まった
結果です。

このままでは、今日の日経平均株価も再び大きく下落しそうです。
仮に今日1万5000円割れを試すようだと、昨年の高値から
5000円以上も下げることになり、アベノミクスも「振り出し」に
戻ることになります。
利上げを決めた米国の株式市場よりも、マイナス金利を導入した
日本株の方が大幅に下げるという現象は理論的には理解できません。
日本株に独自の脆弱性があるとしか思えません。

上でも述べたように、110円を割り込むようなら何らかの介入を
示唆する動きがあるかもしれません。しかし、それに期待しすぎる
のは危険です。
日本単独で市場介入しても、初回はサプライズで効果が見られる
かもしれませんが、その効果は限定的だからです。
為替も、株も極めて投機的になっていると言えます。
様子見も含めて、慎重な対応が求められます。
本日の予想レンジは111円~113円50銭と、NYのレンジ
幅が意識されます。

============================
今年に入って株価が急落していますが、その中でも株価が
それ程極端に下げない銘柄もあります。
ブルームバーグが調べたところ、女性の取締役の比率が
高い企業や、女性管理職比率のの高い企業の方が、比較的
株価が安定しているそうです。
女性に優しい企業は、株主にも優しいということでしょうか。

良い週末を・・・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1954-ee7e62a6

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。