FC2ブログ

ドル円113円台半ばへ反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は小売売上高が予想を上回ったことや、このところの売られ

    過ぎから、ドルを買い戻す動きが強まった。113円54銭までドル高

    が進み、113円30近辺で引ける。

  • ユーロドルでもドル買いユーロ売りが進み、1.12台後半から

    1.1214までユーロドルは下落。

  • 株式市場は6日ぶりに大幅反発。原油が大きく値を戻したことから

    エネルギー株が買い戻される。ダウは313ドル上昇し、1万6000ドルに

    迫る。

  • 債券相場は反落。ドル高、株高が進んだことで、利益確定の売りが

    進んだ。利回りはここ2ヶ月で最大の上昇をみせ、1.74%台で引ける。

  • 金は反落。原油価格はUAEのエネルギー相が、OPECは他の産油国と

    協調する用意があると発言したことに反応し、前日比3ドルを超す上昇で、

    29ドル台半ばまで反発。


  • 1月小売売上高               → +0.2%

  • 2月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) → 90.7


    本日の注目イベント

  • 日   10-12月GDP(速報値)

  • 日   12月鉱工業生産(確定値)

  • 中   中国 1月貿易収支

  • 中   中国 1月マネー・サプライ

  • 欧   ユーロ圏12月貿易収支

  • 欧 ドラギ・ECB総裁、欧州議会で証言

  • 米 株式、債券市場休場 (プレジデンツデー)


    ドル円はようやく下げ止まり、先週末のNY市場では一時113円54銭まで

    ドルが買い戻される場面がありました。

    きっかけは、原油価格の急反発と小売売上高の上振れでした。

    先週、原油価格は再び下げ足を早め前日には26ドル台まで下落し、直近安値

    を更新するのかどうか注目されていましたが、アラブ首長国連邦(UAE)の

    エネルギー相が、OPECには他の産油国と協議をする用意があると発言した

    ことが好感され、急速に買い戻しが進みました。引け値では前日比12.32

    %上昇し、29ドル44セントで取引を終えています。この上昇幅は実に7年

    ぶりのことだそうです。

    原油価格が急反発したことから、NY株式市場はエネルギー株を中心に大幅な

    反発を見せ、ダウは前日比313ドル上昇。S&P500も37ポイントと急

    上昇しています。前日まで6日続落したことから、ショート筋の買い戻しが中心

    の取引だと思われますが、ひとまずは下落が止まりました。

    111円を割り込む水準まで売り込まれたドル円も、113円台半ばまで反発し

    ていますが、こちらもまだ底値を確認したとはいい切れません。

    今年に入って約9円50銭ほど円高が進みましたが、昨年1年間の値幅が10

    円だったことを考えると、その下落スピードがいかに速かったかが分かります。

    一旦は反発しても当然だとは思いますが、下落幅の半値戻しが115円71銭

    になるため、この辺りが一つの目安になろうかと思います。

    急激に円高が進んだことから、黒田総裁をはじめ、要人の発言も増えています。

    先週末の昼ごろ、黒田総裁は首相官邸に入り、安倍首相と会談していますが、

    定例的な会談だったとしか答えていません。

    来週上海で行われる「G20」では、新興国通貨を含めた通貨の安定について

    協議されるとの報道もあります。

    また、中曽日銀副総裁は12日NYでの講演で、「必要があれば金融緩和の質

    ・量をさらに拡大することも可能だ」と発言し、マイナス金利をどこまで下げ

    ることが可能かという質問に対しては「テクニカル的にはマイナス幅の拡大

    は可能だが、その程度については分からない」と答えています。(ブルームバ

    ーグ)

    先週のイエレン議長の議会証言を契機に、ドル売りや株安が強まったと判断で

    きますが、議長が思った以上に米景気の先行きに楽観的だったことがその理由

    の一つに挙げられます。

    3月利上げに関しても、「経済データ次第だ」との姿勢は崩しておらず、雇用

    の拡大は続くとの認識も示しています。」

    確かに雇用はそれ程崩れてはいませんが、反対にそれ以外は相当厳しい数字が

    示されています。個人的には3月の利上げは見送られると予想していますが、

    ここで利上げがあるかないかが、今年春以降の相場の行方を左右すると言って

    も過言ではありません。今後の経済指標がますます注目されます。

    ドル円は今朝8時時点では、先週末のNYの高値近辺で推移しています。

    シカゴ日経平均株価も600円程上昇していることから、本日の日本株は堅調

    に推移すると見られます。

    株価の上昇に伴って、ドル円も114円を試しに行くと予想されますが、本日

    から春節明けの上海株式市場が再開します。この動きにも注意が必要です。

    レンジは112円70銭~114円30銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1955-71d69413

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。