FC2ブログ

サウジ、ロシア減産には至らず 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • ドル円は東京タイムに114円台後半までドル高が進んだものの、
    欧州株の下落から、113円台半ばまで反落。その後は米株式が上昇し
    たことを受け、114円近辺まで戻して引ける。

  • ユーロドルは前日の急落から戻したものの、1.11台で方向感は
    なくもみ合い。

  • 株式市場は続伸。売り込まれていた銀行株や小売株が上昇。
    ダウは222ドル高と、引け際に上昇幅を拡大。

  • 債券相場は反落。株価の上昇に加え、アップルの起債計画が重しとなり
    売られる。長期金利は1.77%台まで上昇。

  • 金は32ドル安と大幅に下落。原油価格は31ドル台まで上昇した後反落。
    29ドル台前半まで売られる。

  • 2月NY連銀製造業景気指数 → -16.64

  • 2月NAHB住宅市場指数  → 58

本日の注目イベント

  • 英   英1月失業率
  • 米   1月住宅着工件数
  • 米   1月建設許可件数
  • 米   1月生産者物価指数
  • 米   1月鉱工業生産
  • 米   FOMC議事録(1月26、27日分)
  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演

昨日の東京市場では株価が続伸し、日経平均株価は一時330円ほど上昇する
場面があったため、ドル円は114円台後半までドル高が進みました。
連休明けのNY市場でもう一段のドル高が進み、重要な戻りの節目である
115円台半ばを試すこともあるかもしれないと思っていましたが、株高にも
関わらずドル円は113円台での推移に終始しました。原油価格の動きが不安
定で、リスクオンの流れが広がらなかったことがその理由のようです。

原油価格は前日、サウジとロシアが協議を行うという報道があり、減産期待
から30ドル台を回復していました。
協議はOPEC加盟国のサウジ、カタール、ベネズエラとロシアで行われま
したが、増産は行わず、生産量の維持では合意しましたが、減産合意には
至っていません。
一時は31ドル台まで買われたWTI原油価格でしたが、失望から、
結局29ドル割れ目前の水準まで反落しています。
協議に参加した各国は、資産を売却しないことでも合意し、金融市場に
とっては好材料ですが、原油価格の不安定さが、中国景気と並んで足元では
最も重要な変動要因であることを、改めて印象付けた
格好でした。

先週は111円割れまで急落したドル円でしたが、今のところ戻りも限定的の
ようです。
直ぐに110円を試す状況は一旦回避できたようには思いますが、今後も上記
原油価格の行方と、株価の動向が相場に大きく影響をしてくる構図は変わりま
せん。
同時に3月のFOMCで、利上げが出きるのかどうかも相場の方向性に大きく
関わってきます。本日は1月のFOMCの議事録が公表されます。
予想通り利上げが見送られたわけですが、中国を含む新興国に対するリスクと、
米景気の先行きに対する認識がどのようなものかを確認できそうです。

3月利上げに関して、フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、「金融政策が
どう展開していくか確実な筋道を示すことはできないが、インフレ関連のデータ
が力強さを増すまで2回目の利上げを待つことが賢明だと分かるかもしれない」と
述べています。
同総裁はFOMCでの投票権を持ってはいませんが、地区連銀総裁が
3月利上げを待つべきとの認識を示したことで、3月の利上げはますます
遠のいたと思われます。

3月には、10日のECB理事会を皮切りに、日銀の金融政策決定会合とFO
MCが相次いで開催されます。
ECBは思い切った緩和策を打ち出してくると思われます。FRBは今の
ところ利上げを見送る公算が高いと思われ、後は日銀の出方です。
先月29日にマイナス金利を導入したものの、その効果は想定通りには表れて
おらず、むしろ逆効果に働いています。必要ならばさらにマイナス幅を拡大
すると日銀首脳はけん制してはいますが、果たして市場が株高と円安に進む
のかは懐疑的です。
ECBの例もあり、長い目で見たら徐々に円が売られることは十分考えられ
ますが、足元の相場観は逆方向に向いている印象です。

ドル円のレンジは113円50銭~114円80銭程度と予想します。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1957-1657e216

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。