FC2ブログ

ユーロ買い戻しに反発。 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はアジアから欧州市場にかけて114円台を回復したものの、

    NYではISM非製造業景況指数などが悪化していたことで反落。

    113円30銭まで売られた後、株価の上昇に伴い113円70銭近辺まで

    戻す。

  • ユーロドルはショートの買い戻しに反発。1.08台半ばから1.09台

    後半まで利益確定のユーロ買いに押し戻される。

  • 株式市場は小幅ながら3日続伸。軟調な展開ながらも買い戻しが優勢となり

    ダウは44ドル上昇し、1万7000ドルの大台に接近。

  • 債券相場は小動き。FOMCまでは動けないとの雰囲気の中、株価の反発に

    小幅に上昇。

  • 金は大幅に続伸し直近高値を更新。原油は小幅に反落。


  • 新規失業保険申請件数       → 27.8万件

  • 2月ISM非製造業景況指数    → 53.4

  • 10-12月期労働生産性(確定値)→ -2.2%

  • 1月耐久財受注          → 4.7%

    本日の注目イベント

  • 豪   豪1月小売売上高

  • 米   2月雇用統計

  • 米   1月貿易収支

  • 加   カナダ1月貿易収支


    株価や原油価格の底堅い動きに伴い、ドル円は何度も114円台に乗せ上値を

    試す動きを見せるが、114円台半ばから上値が重い展開が続いています。

    昨日のNYでもダウ工業株価指数は3日続伸したものの、ドル円は113円台

    前半まで下落する場面もあり、まだドルの上昇に確信が持てない状況です。

    欧州市場では日本株の上昇を好感し、114円27銭辺りまでドルが買われたが、

    NYでは失業保険申請件数が予想を上回ったことや、原油価格の上昇が止まっ

    たことなどからドル円の上値が重くなり、113円台前半を試したものです。

    もっとも 今夜の雇用統計を見極めたいとする雰囲気も強く、午後には積極的

    な取引は控えられ、株価が上げ幅をやや拡大したことで113円60-70銭

    でNYの取引を終えています。

    特徴的だったのはユーロドルの動きでした。

    前日1.80台前半まで売り込まれましたが、直近の安値である1.08前後

    まで来ると、買い戻しも活発になるようです。

    昨日もこの水準は試さずに、1.09台後半まで反発しており、来週のECB

    理事会での追加緩和策の実施をかなり織り込んできたことも反転のきっかけに

    なっています。

    ブルームバーグによると、ECBは現行のマイナス金利をさらに引き下げる方

    法も検討しているが、その場合、銀行の収益を圧迫する恐れがあるため、中銀

    預金金利に階層構造を設ける案もあり得ると伝えています。

    また量的緩和の月ごとの購入額を増やすことも検討されているようです。

    いずれにしても今回は、昨年12月に行ったような「小粒」な政策内容では市

    場の信認は得られず、ドラギ総裁も、ECB内部の反対勢力をどこまで説得で

    きるのかという問題にも注力しているようです。ECB理事会は来週10日に、

    3中銀の先陣を切って開催されます。

    ドル円は110ー115円のレンジの上方を試していますが、115円を抜け

    る気配は今のところありません。

    115円が抜けないとすると、今度は下値を試すことも考えられます。

    小康状態を保っている原油価格が何かのきっかで再び30ドルを割り込むよう

    だと、株安、ドル安が一気に進むことも想定されます。

    また本日は恒例の米雇用統計が発表されます。

    失業率は4.9%と前月と変わらず、非農業部門雇用者数は19.5万人と、

    こちらは前月よりも改善が見込まれています。

    微妙なのは、仮に大きく上振れて25万人だった場合、後退している利上げ観

    測が再び強まりドル高要因にはなりますが、株価にとってはマイナス要因にな

    るという点です。

    反対に15万人を下回る結果になった場合、ドル安要因にはなりますが、株価

    にはプラスです。どちらにより強く反応するのかということと、その時のポジ

    ションの偏りが、決め手になってきます。

    3月のFOMCでの利上げ観測は、一時は相当後退していましたが、原油価格

    が反発し、株価も戻り基調な上、2日に発表されたISM製造業景況指数など

    も「底入れ」したとの見方も出てき、再び盛り返してきています。

    またFOMCメンバーの中にも、利上げできる環境は残っているとする意見も

    あります。

    個人的には「見送り」を予想していますが、今夜の数字次第ではその可能性は

    「五分五分」になることも考えられます。

    本日のレンジはワイドに、112円80銭~114円80銭程度を予想します。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1968-23ec4b29

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。