FC2ブログ

ドル円110円を割り込む 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 日米欧で株価が下落したことや、IMFが世界景気の見通しを

    下方修正したことからドル円は節目の110円を割り込む。

    一時は109円92銭まで円買いが進み、1年5カ月ぶりの

    円高水準を示現。

  • ユーロドルはドイツの製造業受注が悪化していたが、

    ドル買いユーロ売りは限定的。1.13台前半まで売られたが

    底堅く推移。

  • 株式市場は続落。世界的な成長鈍化を懸念し、銀行株を中心に

    大幅安。ダウは133ドル下落。

  • 債券相場は続伸。世界景気の低迷を材料に買いが優勢となり、

    長期金利は1.72%台まで低下。

  • ドル安が進んだことで金は上昇。原油は小幅に反発。

    本日の注目イベント

  • 日   2月景気動向指数

  • 中   中国 3月財新サービス業PMI

  • 中   中国 3月財新コンポジットPMI

  • 独   独2月鉱工業生産

  • 米   FOMC議事録(3月15、16日分)

  • 米   ロレッタ・クリーブランド連銀総裁講演


    ドル円はついに節目の110円を割り込み、NYでは109円92銭までドル安

    が進みました。昨日もこの欄で「下値方向のリスクが高い」とコメントしました

    が、昨日の朝方の111円30銭近辺から一気に110円割れまでドルが売られ

    ました。この水準は2014年10月末の日銀が追加緩和を発表し、市場に驚き

    が走った「サプライズ緩和」の水準です。これで昨年6月の125円86銭の高

    値からは、10カ月で約16円落ちたことになり、かなり急激な円高スピードだ

    と言えます。

    きっかけは株安から、リスク資産が売られたことでした。

    日本株が先導するような形で欧米の株価が下げ、世界景気の減速が懸念され、安

    全資産の債券が買われました。

    さらに、ウォ-ル・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が安倍首相とのインタ

    ビュー記事を掲載し、この中で首相は「通貨安競争は絶対さけなければならない」

    「恣意的な為替市場への介入は慎まなければならない」と述べたことも円買いに安

    心感を与え、ドル売り円買いがさらに進んだと思われます。

    急激な円高が進んでも日銀は介入できないと、市場が受け止めたことになります。

    ドル円は110円を割りこんだ後は110円台半ばまで値を戻していますが、これ

    は達成感と、ひとまず利益を確保しようという動きに押し戻されたものです。

    再び株価が大きく下げるようだと110円割れをトライし、さらに大幅な円高水準

    を記録する状況になると、今度は110円が上値の抵抗線になることが予想されま

    す。ちょうど2月の初旬以降、114円台後半まではドルが戻っても、115円に

    は届かなかった状況と同様です。

    輸出企業の多くは115-118円を「社内レート」に設定しており、110円を

    割り込むと、企業業績にも大きな影響を与えることになります。

    場合によっては業績見通しを下方修正するところも出てくるかもしれません。

    利益見通しを引き下げれば、株価は当然売られ、それが市場全体のセンチメントを

    悪化させ、株価の下落→円高と、悪循環に陥ることになります。

    その意味でも、本日の日本株の動きに注目が集まります。

    ドル円の110円割れと、日経平均株価の15000円台は今後の日本の景気にと

    っては極めて厳しい状況を与えることになります。

    ちょうど、2017年4月からの消費税増税を予定通り実施すべきか、あるいは延

    期すべきかが議論されているところです。

    為替と株価の水準がこの議論に影響を与えることは言うまでもありませんが、ここ

    から一段と円高が進んだ場合、日銀による市場介入があるのかどうかも重要なポイ

    ントになります。

    上記、安倍首相の発言を考慮すれば円安誘導のための介入は難しそうですが、円高

    は物価を押し下げる効果があるため、2%の物価上昇を目指している日銀にとって

    は「逆風」です。円安誘導ではなく、2%の物価上昇という目標達成のための介入

    や、追加緩和なら「大儀名文」がたつのかもしれません。

    ただ110円を割り込んだからといって、直ぐに介入が見られるわけではありませ

    ん。介入に対する過度の期待は避けるべきです。

    110円を再び割り込んだら、そのスピードが重要になろうかと思います。

    本日のドル円は109円50銭~110円80銭程度と予想しますが、依然として

    下値方向へのリスクが高いことには変わりありません。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1990-dbe24087

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。