FC2ブログ

米株続伸でドル円109円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 日本株が大きく上昇し、米国株も大幅に続伸したことから

    ドル円は109円台に乗せ、一時は109円40銭まで買われた。

  • ユーロドルは続落。ドル高が進んだことで、1.12台半ばまで

    ユーロが売られ、約2週間ぶりの安値を付ける。

  • 株式市場は大幅に続伸。中国の景気見通しが改善したことや、

    企業決算が良好だったことを好感し、ダウは187ドル高と、

    1万8000ドルが視野に。

  • 債券相場は小幅高。10年債入札が好調だったことから、

    買い物を集める。長期金利は1.76%台へ小幅に低下。

  • 金は5日ぶりに反落。原油は42ドル台半ばまで買われたものの、

    このところの急激な上昇に、利益確定の売りも出て小幅に反落。



  • 3月小売売上高    →  -0.3%

  • 3月生産者物価指数  →  -0.1%


    本日の注目イベント

  • 豪   豪3月雇用統計

  • 欧   ユーロ圏3月消費者物価指数(改定値)

  • 英   BOE金融政策発表

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   3月消費者物価指数

  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演

  • 米   パウエル・FRB理事議会証言

  • 米   G20(ワシントン)


    ドル円は昨日、日本株が久しぶりに大幅高を演じたことで109円まで買われ、

    NYでもダウなど主要株価指数が大幅に続伸したことから、109円40銭ま

    でドル高円安が進行しました。ただ昨日のこの欄でも指摘したように、4時間

    足の「雲の下限」で上昇を抑えられた形になっており、NYダウが2日で35

    0ドルを超える上昇を見せた割には上昇は鈍く、ドルが買われはしたものの、

    上値の重い印象を残す結果になっています。

    それにしても米国株の上昇にはやや驚きです。

    もちろん背景には利上げのペースが緩やかになるとの見通しがあることは理解

    できますが、昨日の大手米銀の決算は市場予想ほど悪化していなかったという

    だけで、決して好調というわけではありません。ダウは1万7900ドル台ま

    で続伸しており、昨年2月の史上最高値に300ドル程度で届く水準を回復し

    てきました。原油価格が安定し、中国景気にも安心感が出てきたとはいえ、米

    国株はややバブルではないかと懸念しています。

    足元の日本株とドル円は、米国の好材料に反応は鈍く、悪材料には直ぐに反応

    を示すだけに、今後米国株が崩れた際の影響が心配です。

    17日にはカタールのドーハでサウジやロシアなどが石油の生産調整を巡って

    会合を開きます。ロシア側はイランが生産調整に応じなくても合意には達する

    との見方を示していますが、昨日はイランの石油相が出席するかどうかをめぐ

    り、情報が錯綜していました。この会合で、増産凍結が合意ができるかどうか

    が焦点ですが、それは取りも直さず、WTI原油価格が40ドル台を底固めで

    きるのかどうか、あるいは再び下落基調に戻り30ドルを目指すのかどうかと

    いう意味で、重要な会合になります。週明け18日の東京市場にも影響があり

    そうです。

    ドル円は米国株の堅調な動きに支えられて109円台半ばまでは反発して来ま

    した。ここまでは想定内の動きと言えます。

    110円を割り込んでからは急速に円高が進んだことから、株価が戻ったこと

    でドルの買い戻しを誘発したものと思われます。

    問題はここからです。

    さらに株価が上昇し安全資産の債券が売られ、米長期金利が上昇すれば「リス

    クオン」が強まり、ドル円もをもう一段押し上げ、110円台もあるかもしれ

    ません。

    ただ、それでも足元の「ドル先安観」を変えるまでには至らないと考えます。

    仮に110円台までドルが戻れば、予約を取り遅れている輸出企業は確実にド

    ル売り注文を持ち込んでくると予想します。

    輸出企業が慌ててドル売り注文を出さないようになり、ドルショートを積み上

    げている投機筋が慌てて買い戻しに出るような状況になれば、市場のセンチメ

    ントも変わってくると思われますが、それには、日銀や政府の政策出動が不可

    欠です。

    本日もNYでの株高を好感し、日経平均株価も上昇するでしょう。

    だだし昨日450円もの上昇を見せただけに、同じような大幅高は難しいと予

    想しています。ドル円の上値が重いように、日本株の上値も重く、センチメン

    トも似たりよったりです。つまり戻りを売りたいという人が多いということで

    す。予想レンジは108円50銭~109円80銭程度と見ていますが、上記

    日本株が昨日のようなサプライズを見せるようだと110円が見られるかもし

    れません。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1995-6f050429

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。