FC2ブログ

NYダウ1万8000ドルに乗せる 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は昨日のアジア市場で107円台後半まで円買いが

    進んだが、NYでは株価が大幅に上昇したことで円売りが優勢に。

    一時は109円に迫る水準までドル高が進み、やや方向感に

    かける展開。

  • ユーロドルも一進一退。1.13を挟む動きで、木曜日の

    ECB理事会では政策変更はないとの見通しも値動きを抑制。

  • 株式市場は大幅に上昇。原油価格が予想よりも下げ渋った

    ことを好感。ダウは106ドル上昇し、節目の1万8000ドル

    を超える。

  • 株高から債券相場は小幅に反落。長期金利は1.79%台に

    上昇。

  • 金は小幅に続伸。原油価格はドーハでの会合で増産凍結への

    合意ができなかったことで37ドル台まで売られたが、引け値では

    39ドル台まで戻す。


  • 4月NAHB住宅市場指数    → 58

    本日の注目イベント

  • 豪   RBA議事録

  • 豪   豪 スティーブンスRBA総裁講演

  • 独   独4月ZEW景況感指数

  • 英   カーニー・BOE総裁議会証言

  • 米   3月住宅着工件数

  • 米   3月建設許可件数

  • 米  企業決算 →ゴールドマンサックス


    昨日のオセアニアやアジア市場では円買いが強まり、一時は107円79銭辺りまで

    ドルが売られましたが、先週記録した107円63銭を割り込むことなく反発しまし

    た。日経平均株価は先週末比572円安と、大幅に売られた割にはドル円は粘り腰を

    見せた形です。NYではダウ平均が節目の1万8000ドルを超えたことで、今日の

    日本株は上昇すると見られ、ドル円は109円台にしっかりと乗せられるかどうかが

    ポイントです。

    昨日の動きを見て、個人的にはもう少し円高が進むと予想していましたが、NY市場

    ではWTI原油価格の動きが円売りにつながっています。

    17日のドーハでの産油国会合ではイランが欠席したことから、増産凍結には至らず、

    週明けの原油価格は大幅な下げが予想されていました。

    原油価格が大幅に下落すれば米国株が売られ、円が買われる展開が予想されますが、

    昨日のNY原油先物市場では朝方から大きく下落し、一時は37ドル台まで売られた

    原油が午後には下げ渋り、結局先週末比58セント安の39ドル78セントで取引を

    終えています。この下げ渋りを株式市場が好感し、株高・ドル高につながったことに

    なります。

    またNY連銀のダドリー総裁は講演で、利上げは慎重に進めるべきとの見方を示した

    ことも株価にプラスに働いた面もありますが、日本株の動きはNY株式市場に与える

    影響は限定的にもかかわらず、NY株式市場の動きは日経平均株価に大きな影響を与

    える構図は鮮明です。引き続きNY株式市場の動きと、その株に大きな影響を与える

    原油先物市場の動きからは目が離せません。

    黒田日銀総裁はG20で訪米した際に、米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)

    紙とインタビューを行っており、そこでは「ここ数ヶ月での円高でインフレ率2%へ

    の押し上げに向けた取り組みが損なわれる恐れがあり、追加緩和措置へつながる可能

    性もある」と語っていました。

    この報道の影響は限定的でしたが、今回の動きを行き過ぎた円高と認識していること

    が窺えます。日銀は来週27-28日に金融政策決定会合を開きますが、ここでの追

    緩和実施の可能性が日増しに高まって来ている印象です。

    今回の会合では「展望リポート」も発表されます。

    市場で景気見通しを下方修正し、2%の物価目標の達成時期を先延ばしするのではな

    いかとといった見方が出ています。

    現在は「2017年前半」としている達成時期を「2017年後半」にまで延ばす可

    能性があります。このことは日銀に対する信頼にもかかわってくることから、「だか

    らこそ、今回は何らかの行動を取る」といった見方もできることになります。

    4月会合では政策変更はないと予想していましたが、今回の「熊本地震」の景気に対

    する影響を考えるとないとは言えない状況になっていると思います。

    本日のドル円は108円30銭~109円50銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/1998-a9687654

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。