FC2ブログ

ドル円108円台半ばへ反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は10日ぶりに108円台を回復し、108円60銭まで

    買われる。麻生財務大臣の発言が介入警戒感につながり、ショート

    カバーを加速させた。

  • ユーロドルはやや軟調となるも、1.14を挟んで小動き。

  • 株式市場は高安まちまち。ダウは反落し、ナスダックは14

    ポイント上昇。

  • 債券市場は反発。労働市場情勢指数が悪化していたこともあり、

    小幅に上昇。長期金利は1.75%台に低下。

  • ドルが上昇したことから金は反落。原油価格はサウジの石油相が

    交代したことを手がかりに反落。


  • 4月労働市場情勢指数(LMCI)        → -0.9

    本日の注目イベント

  • 中   中国4月消費者物価指数

  • 中   中国4月生産者物価指数

  • 中   中国4月マネーサプライ

  • 独   独3月鉱工業生産

  • 独   独3月貿易収支

  • 独   独3月経常収支

  • 英   英3月貿易収支


    ドル円は先月29日以来となる108円台を回復し、一時は108円60銭まで

    上昇しました。特段これといった材料はなく、麻生財務大臣が国会で、急激な変

    動は望ましくないとした上で、「われわれとしては当然、介入する用意があると

    いうこと」と発言したことが材料視されたようです。もっとも、昨日のドル円の

    反発はこれまでに積み上がったドルショートの買い戻しの域を超えてはいないと

    見ています。

    シカゴ通貨先物市場の建て玉を見ると、円買いドル売りのポジションは、記録的

    な円買いに傾いています。

    ブルームバーグによると、ドル円のネットポジションは、データでさかのぼれる

    1992年以来最大の円買いに積み上がっているそうです。

    ヘッジファンドなどが円の先高観を背景に、円買いドル売りを積極的に行ってい

    ることが分かります。

    特に4月15日ワシントンで行われたG20以降、その傾向が強まっています。

    ここでルー財務長官が「円高は進んでいるが、秩序的だ」と発言したことで、政

    府・日銀はさらに円高が進んでも介入できないとの見方が円買いを膨らませてい

    るものと見られます。昨日の麻生大臣の発言が、単なる「リップサービス」なの

    か、あるいは一段と円高が進むようなら発言通り介入に踏み切るのか、今後のド

    ル円の水準を予想する上では重要なポイントになります。

    チャートを見ると、「日足」ではまだドル上昇への傾向は見えて来ません。

    ただ、MACDはゴールデンクロスをする気配を見せています。

    109円を付けるようだと明確にゴールデンクロスを示現するため、注意は必要

    です。昨日の上昇は「8時間足」の52日線で上昇を抑えられた格好になってい

    ますが、さらに短い「4時間足」ではMACDが既に「プラス圏」に入っていま

    す。基本はドルの戻りを売るスタンスかと思いますが、ここは余り相場観に固執

    せず、さらに上昇した際にはショートは切らなければなりません。

    先週に比べるとドル円の地合いはやや好転しています。

    大きくは、105-110円のレンジ内での推移かもしれませんが、昨日もこの

    欄で述べましたが、現在のステージは2月の急落以降3度目のもみ合いに入って

    いる可能性が高いように思います。先週末の雇用統計の悪化も、「雇用の減速の

    始まり」なのかを見極める必要がありますが、経済指標は総じて軟調であること

    を考えれば、現段階で米利上げ観測が急速に高まる可能性は低いと見られます。

    本日はドル高を好感し、日経平均株価は続伸しそうです。

    それでも日本企業の決算発表がピークを迎えるまでは、株価の方も様子見の雰囲

    気が強まりそうです。

    本日の予想レンジは107円70銭~108円70銭程度を見たいと思います。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2009-5a3d2250

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。