FC2ブログ

ドル円109円台前半まで反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • NYダウが大幅高となり、原油価格も上昇したことで
    ドル円は109円台を回復。109円35銭まで買われ、ほぼ
    この日の高値圏で引ける。

  • ユーロドルは引き続き動意なし。1.13台半ばから
    1.14台前半で小動き。ドル円で円安が進んだこともあり、
    ユーロ円は124円台を回復。

  • 株式市場は大幅に上昇。日本株の急騰や原油価格の上昇が
    支えとなり、ダウは222ドル上昇し1万7900ドル台に。

  • 債券相場は小幅安。10年債は売られたが、3年債入札は
    高水準。長期金利は前日とほぼ同水準。

  • ドル高の影響から金は続落。原油価格はカナダの山火事などの
    影響もあり1ドル22セント上昇し、44ドル66セントで引ける。

本日の注目イベント

  • 日   3月景気動向指数
  • 英   英3月鉱工業生産
  • 米   4月財政収支

ドル円は引き続き堅調な動きを見せ、NY市場では109円35銭までドル高が
進みました。昨日は日経平均株価が350円ほど上昇し、これがNY株式市場
にも好影響を与え、さらに原油高も好感され、ドルが買われています。
もっとも、ドルが買われたといっても、ユーロドルなどではそれ程ドル高は進ん
でおらず、円が主要通貨に対して売られたという表現の方が適切です。
記録的に積みあがったドル円のショートが巻き戻されたと見ることができます。

従って、このままドル高が続くと見ることはできません。
本格的にドルが円やユーロに対して反転するには、米利上げ観測の高まりが
不可欠で、来月のFOMCで今年最初の上げが決定的になることが必要です。
現時点での市場の見方は依然として「年内1回あるかないか」という想定を超
えてはいません。

今後の相場を予想する上で最も重要なことは、6月利上げが本当にできるのか
どうかという点です。もし6月に利上げができれば、残りのイエレン議長の記者
会見が予定されている9月と12月のFOMCのどちらかで、もう一度利上げが
できる可能性も浮上します。その結果、金利高がドルをサポートすることになり
ます。

一方、6月の利上げが見送られた場合には、多くても1回の利上げしか見込めず、
その1回も見送られることもあり得ます。6月のFOMCは14-15日に開催される
ため、5月の雇用統計の結果は確認できます。ここでも先週見たように、雇用者数
の伸びが鈍化しているようなら、利上げ観測が急速に後退し、再びドルの底値を探
る展開が予想されます。いずれにしても、今後の経済指標次第というとになります。

ドル円は109円台前半まで上昇したことで「日足」のMACDもゴールデンクロスを
見せています。ここからのメドですが、フィボナッチ・リトリースメントを当てはめて確
認してみます。今回の急落は4月28日の日銀決定会合がきっかけでした。この日の
高値は111円97銭で、ここから5月3日の105円55銭まではほぼ一直線で落ちて
います。この間の値幅は6円34銭となり、50%戻しの108円72銭は既にクリアして
いますその上は61.8%戻しの109円47銭という数字が導き出されます。
ここから本日の上値の一つの目安は、109円半ばということになります。

日経平均株価が昨日のように大幅高を見せるようだと、109円台半ばを抜き
110円に迫る場面があるかもしれませが、110円台で定着するとも思えません。
上述のように、ここからドルがさらに上昇するには6月利上げ前提になるからです。
本日のレンジは108円50銭~109円80銭程度を予想します。
日本株は今決算の減益を織り込み終えて上昇に向かうとの予想もありますが、
本日はトヨタ自動車の決算発表が予定されています。トヨタが年初から急激に
進んだ円高の状況下で、どにような決算を打ち出してくるのかは今後の株式市
場にも少なからず影響を与えます。こちらにも注目してみたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2010-41d7fb60

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。