FC2ブログ

雇用統計受けドル急落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 5月の雇用統計で、雇用者数の増加に急ブレーキがかかったことから、

    ドル円は急落。108円90銭辺りから106円台半ばまで円買いが進んだ。

  • ユーロドルでもユーロ買いドル売りが優勢となったが、ドル円ほど顕著では

    なく、その結果ユーロ円は120円台後半まで下落。

  • 株式市場は雇用統計の結果を受け朝方は大きく下げたが、利上げ観測の後退を

    材料に下げ渋る。ダウは31ドル売られ、その他株価指数も軟調。

  • 雇用者数の失速に債券相場は大幅に上昇。利上げ観測が後退し、昨年9月

    以来の大幅な上昇を見せる。長期金利は1.70%台に急低下。

  • ドル安が進んだことで、このところ軟調だった金は30ドルを超える急反発。

    原油価格は続落し49ドル台を割り込む。


  • 5月失業率         → 4.7%

  • 5月非農業部門雇用者数   → 3.8万人

  • 4月貿易収支        → -374億ドル

  • 5月ISM非製造業景況指数 → 52.9

    本日の注目イベント

  • 米   5月労働市場情勢指数(LMCI)

  • 米   イエレン・FRB議長講演

  • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演


    「非農業部門雇用者数は3万8000人の増加」、思わず数字を見間違えたのでは

    ないかと思った人多かったのではないでしょうか。

    市場予想16万人に対して、3.8万人の結果は「サプライズ」でした。

    ドル円は直前の108円90銭前後から一気に107円台に入り、NYの午後には

    106円51銭まで円買いドル売りが進行しました。

    前回の同指標も20万人の予想に対して16万人と、好調だった米労働市場に僅か

    な変化の兆しが観られましたが、ここで急ブレーキがかかったことになります。

    今回の数字は、べライゾンのストや季節要因もあったからだとの報告もありますが、

    失業率が4.7%と、ほぼ「完全雇用」の状態であることを考えると、雇用者数が

    鈍化することに違和感はありません。ただ、それにしても少なすぎる印象は残り、

    今後上方修正されていく可能性が高いとは思いますが、これで今月のFOMCでの

    利上げは、「まずないと」思われます。

    今回の雇用統計の結果を踏まえた上で、FOMCメンバーがどのような発言をした

    のかを確認しておく必要があります。

    ブレイナード・FRB理事は、「今後のデータを待つのが有益」との認識を示し、

    クリーブランド連銀のメスター総裁は「当局の金融政策目標を達成するためにフェ

    デラルファンド(FF)金利誘導目標の緩やかな上昇ペースが適切だと引き続き考

    えている」と述べています。

    個人的にも、6月利上げの可能性は急速に低下したものの、7月利上げの可能性は

    残っていると思っております。もちろん、今後2カ月の経済指標の内容にもよりま

    すが、FRBとしても、何とか今年初回利上げには動きたいという考えがあるのだ

    と思います。

    こうなると、今夜のイエレン議長の講演が再び注目されます。

    前回5月27日の講演では「数カ月内の利上げが適切になるだろう」との発言でし

    たが、先週末の驚きの数字を見た上で、どのような内容に変化するのかを見極めた

    いと思います。「数カ月内」と言う文言が消えていたり、あるいはより「ハト派」

    的な内容に傾いているようだと、「7月利上げもない」といった見方からドルがさ

    らに売られる可能性があります。一方、同じような内容で留まると、依然として7

    月利上げの可能性を排除できないことになります。

    週明けのオセアニアは市場では、106円台前半までドル安が進みましたが、ここ

    まで来ると意識されるのは5月の連休中に記録した105円55銭という水準です。

    市場のセンチメントが急速に円高方向に傾いてきたため、今週中にも上記レベルを

    試す場面もあろうかと思います。

    問題は急激な円高に対して、政府日銀が介入できるのかどうかです。

    ルー財務長官は先週末の中国での講演でも、これまでと同じように「無秩序という

    ハードルは高い」と、暗に日本の介入をけん制する発言を行っています。

    このような状況下で市場介入に踏み切るのは簡単ではないでしょう。反対に15-

    16日の金融政策会合で追加緩和を実施する可能性の方が高まったのではないかと

    考えます。

    本日のドル円は105円70銭~107円20銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2027-a375f6b1

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。