FC2ブログ

WTI原油価格50ドル台を回復 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 東京時間に107円台後半まで値を戻したドル円は、NYでは上値が

    重く、107円台前半まで押し戻される。利上げ観測の後退に伴い、長期金利

    が低下したことなどが背景。

  • ユーロドルは1.13台でもみ合う。値幅も30ポイントに届かず、

    方向感も見えない。

  • 株式市場は上げ下げまちまち。ダウは17ドル続伸したものの、

    ナスダックは小幅に反落。

  • 債券相場は反発。欧州債が上昇したことや、3年債入札が好調だった

    ことで買い物を集めた。長期金利は1.71%台に低下。

  • 金は小幅に反落。原油価格は続伸し、約8カ月ぶりに引け値で50ドル台

    に乗せる。ナイジェリアの生産障害や石油統計で減少が予想されていることが

    相場を押し上げた。


  • 4月消費者信用残高  → 134.16億ドル

    本日の注目イベント

  • 日   1-3月GDP(改定値)

  • 日   4月国際収支

  • 日   5月景気ウオッチャー調査

  • 中   中国5月貿易収支

  • 英   英4月鉱工業生産

  • 加   カナダ5月住宅着工件数

  • 加   カナダ4月建設許可件数


    昨日の東京時間にドル円は107円89銭までドル買いが進みましたが、108

    円台には届いていません。

    「1時間足」の雲の上抜けを試したものの、抜けずにNYでは107円16銭ま

    で押し戻されています。目先の「レジスタンスゾーン」が抜けずに落とされ、こ

    こまではテクニカル通りの動きと言えます。

    今朝の日経新聞の記事に、先週末の雇用統計の予想外の結果にドルが急落した際、

    個人投資家がドル買いを進めたことで円高に歯止めが掛かったと書かれています。

    確かに、当社の個人投資家の動きを見ても、雇用統計の出る前からその3時間後

    を比較してみると、ドル円だけでも2万3000枚ほどドル買いがあったことが

    確認できます。111円台半ばまでドルが反発した後だけに、買い場とみた投資

    家がドル買いに動いたことは事実のようです。

    月曜日のイエレン議長の発言で、雇用統計前まで高まっていた利上げ観測は急速

    にしぼんでしまいました。

    金利先物から読み取れる利上げの確率は、来週14-15日の会合で引き上げら

    れる確率はゼロにまで低下しており、1週間前の24%から急低下しています。

    また、年末までの利上げを見込む確率は59%と、高水準になっています。

    (ブルームバーグ)

    雇用統計の悪化とイエレン議長の発言が市場の楽観的な見通しに冷や水を浴びせ

    たことが窺えますが、逆にこの反応も「オーバーシュート」かもしれません。

    利上げを巡るFRB高官の発言に市場が翻弄される展開が続いていますが、この

    傾向はまだまだ終わる気配を見せません。

    昨日のNY市場ではドル円は終始107円台で推移し小動きでした。

    ユーロドルに至ってはさらに動きがなく、ユーロドル担当のトレーダーを悩ませ

    ています。先週末のドルの急落から足元ではやや値を戻していますが、ドル円で

    は105ー110円のレンジに戻ったと見られます。

    利上げ観測の後退から米国株は堅調で、米国債も買い物を集めており、利回りは

    再び低下傾向を示しています。

    WTI原油価格の安定も株価の上昇に一役かっており、ここを見る限り「リスク

    オン」と言うこともできます。

    ただ為替では利上げが遠のくということでドルの上値が抑えられており、「リスク

    オン状況下での円高」と、ややチグハグな状態になっています。

    今後の材料は来週の日米の金融会合と、21日に予定されているイエレン議長の

    議会証言と、最後に23日のイギリスの国民投票です。

    その中でも、15-16日の日銀金融政策決定会合と国民投票に最も注目が集まり、

    相場変動の最大のドライバーになると見ています。

    現在の水準よりもさらに円高と株安が進めば、否応でも、日銀が今度こそは追加緩

    和に動くとの観測は高まります。

    現時点では6月の会合よりも、展望レポートが公表される7月会合が「本命」と見

    られていますが、為替や株価次第では6月にもないとは言えません。

    そして、イギリスの国民投票は、蓋を開けるまでは全く予想がつきません。

    われわれ金融市場に近い人々の「常識」が、必ずしも英国民の「常識」と一緒では

    ないということです。

    本日のドル円は106円50銭~107円80銭程度と予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2029-e7a56135

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。