FC2ブログ

ドル円105円台に乗せるも上値が重い 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 英国のEUからの離脱の可能性がやや低下したことや、ドラギ総裁が

    議会で、国民投票後のいかなる事態にも備えていると発言したことで

    ドル円は一時105円台に乗せる。

  • ユーロドルの反応は限定的。1.13から1.12台前半までユーロ安が

    進む。

  • 株式市場は3日続伸。イエレン議長の議会証言では国民投票のリスクに

    対しての言及はあったが、利上げに関する発言はなかった。ダウは24ドル

    上昇し、リスクオフはやや後退。

  • 債券相場は4日続落。5年債入札で需要が低水準だったことで長期債も

    売られる。長期金利は2週間ぶりに1.7%台まで上昇。

  • ドルが上昇したことで金は19ドル下げる。原油価格も3日ぶりに反落。

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏6月消費者信頼感(速報値)

  • 米   5月中古住宅販売件数

  • 米   4月FHFA住宅価格指数

  • 米   イエレン・FRB議長議会証言(下院)

  • 米   パウエル・FRB理事講演

  • 加   カナダ4月小売売上高


    昨日の朝方には株価の下落に伴って、ドル円は103円57銭辺りまで下落し

    ましたが、その後はやや反発し、NY市場ではドラギ総裁の発言から、英国の

    国民投票の結果でも混乱は避けられるとの見方がやや広がり、安心感からドル

    円は105円台に乗せる場面もありました。引き続き値幅を伴った神経質な動

    きです。

    ドラギ総裁は議会証言で、「英国のEU離脱を問う国民投票後のいかなる緊急

    事態にも備えている」と発言しています。

    ただ世界経済は引き続き脆弱な状態で、地政学的展開により、下振れリスクは

    依然大きいと指摘。そのため、ECBは金融政策で実体経済への効果的な浸透

    を図り、緩やかながら景気を安定させると述べています。(ブルームバーグ)

    ドラギ総裁のこの発言で、市場の混乱がある程度鎮静化するとの見方が広がり、

    円が売られ、株価の上昇につながったと思われます。

    一方注目されていたイエレン議長の議会証言では、特に目立った発言はなく市

    場への影響はありませんでした。

    金融政策への言及はなかったものの英国の国民投票については、「経済にリス

    クをもたらしている」とし、「EU離脱となれば極めて大きな影響が及ぶ恐れ

    がある」と語り、「金融政策当局は米経済が改善の明確な兆しをいつ見せるか

    ではなく、見せるかどうかを注意して見守っていると」と述べました。

    (ブルームバーグ)

    言うまでもなく、目先の最大のリスクは明日の英国の国民投票の結果です。

    国民投票は現地時間夜の10時まで行われ、その後に開票が始まります。

    日本時間の昼頃には結果が判明するのではないかと見られていますが、僅差が

    予想され、出口調査の結果もマスメディアからは発表されないことになってい

    るため、日本時間夕方まで結果は分からないのではないかといった見方もあり

    ます。そのため、どちらの結果が出ても直後の相場は大きく変動すると見てい

    ます。

    「離脱か残留か」わかりませんが、ドル円の動きを見ていると、仮に「残留」

    が決まってドルが買い戻されて上昇したところが「ドルの売り場」と見ている

    人が多いようです。

    その水準が108円台なのか、あるいは110円台なのかは分かりませんが、

    戻り売りを志向する人が多いのは事実のようです。

    問題は「離脱」が決まった場合です。

    直近の世論調査が「残留派有利」と伝えているだけに、この場合の反応は相当

    なものになるだろうと予想されます。

    円買いが急速に進み、ドル円は100円を試す動きも想定されます。

    その際に、政府日銀が介入に踏み切れるかどうかが重要になってきます。

    昨日配信されたブルームバーグのニュースでは、最も売られる通貨がポンドで、

    最も買われる通貨が円だとすれば、日銀とBOEで「円売りポンド買い」の協

    調介入を実施すればいいとの記事もありました。現実的ではないにしろ、その

    選択肢を完全に排除するわけにもいきません。

    今回の国民投票はそれほど、非常時で為替市場にとっては「未経験」の出来事

    だということです。

    本日のドル円は104円~105円30銭程度を予想します。



    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2039-3955d97b

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。