FC2ブログ

ドル円欧州市場で100円台前半まで下落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 東京市場で株安ドル安が進んだ流れを受け、欧州市場で

    ドル円は一時100円20銭まで売られ、英国がEUからの

    離脱を決めた6月24日以来の円高水準を記録。

    NYでは経済指標が良好だったことや、FOMC議事録では

    多くのメンバーが利上げには前向きだったことで、101円台

    半ばまで反発。

  • ユーロドルは引き続き1.11を挟んだもみ合い。イタリアの

    金融不安などを背景に上値が重いものの、1.10台前半では下げ渋る。

  • 株式市場は反発。米景気に対する慎重な見方が後退し、3指数は

    揃って反発。医薬品株などが相場を押し上げダウは78ドル高。

  • 債券相場は続伸し、10年債利回りは引け値では過去最低を更新。

    一時は1.31%台まで低下し、引け値では1.36%台まで戻す。

  • ドルが売られたことで金は続伸。1367ドル台で引け、

    2014年3月以来の高値に。原油も小幅に反発し47ドル台を回復。


  • 5月貿易収支         → -411億ドル

  • 6月ISM非製造業景況指数  → 56.5

    本日の注目イベント

  • 独   独5月鉱工業生産

  • 米   6月ADP雇用者数

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   米週間原油在庫

  • 加   カナダ5月建設許可件数


    いつものように、株安に引っ張られるようにドル円は下落し、昨日の欧州市場では

    100円20銭までドル安円高が進み、辛うじて100円割れは回避した格好です。

    101円台後半で取引が開始された東京市場でしたが、もみ合い後、日経平均株価が

    500円を超える下げを見せると、101円を割り込んで、100円台後半までドル

    が売られ、欧州でもその流れが引き継がれ100円台前半までの円高を見ています。

    6月24日のドル急落は英国のEUからの離脱が引き金でしたが、昨日の第二弾は、

    やはり英国の不動産ファンドの解約停止がきっかけで、これもEU離脱の影響です。

    加えて、イタリアの金融不安が台頭し、欧州の銀行株は軒並み売られ、ドイツの大手

    銀行にも経営不安がささやかれています。

    まさに火元は欧州ですが、対岸の日本が真っ先に炎上し、大火に見舞われ慌てふため

    いている状況と言えます。

    昨日も述べましたが、100-105円のレンジは今のところ維持されてはいますが、

    リスクは依然として下方にあります。

    今夜のADPと明日の雇用統計で、雇用者数が大きく伸びていれば再び利上げ観測の

    高まりからドルが反発する可能性は残っていますが、それでも多くの市場参加者は

    「戻りを売りたい」と待ち構えています。反対に、5月のそれのように予想外な結果

    が出ると、一気に100円を割り込み、あのEU離脱時のような展開も十分予想され

    ます。

    市場参加者が戻りを売る姿勢を何らかの理由で維持できなくなるような事態にならな

    い限り、ドルの上値は重いと見ざるを得ません。

    米国の利上げ観測の後退が鮮明になり、足元の金利先物が示す利上げ回数は、「あっ

    てもせいぜい1回」と、極端に悲観的です。

    そこに欧州の混乱が加わり、安全通貨の円が選好されていますが、ある意味避けられ

    ないことかもしれません。100円をしっかりと割り込めば、今度は100円が上値

    の目途になり、レジスタンスポイントとなることも考えられます。100円以下の

    「二桁相場」が定着しないよう、ここは通貨当局の断固とした対応が求められますが、

    正直、ここも余り期待できない状況のようです。

    思えば5月の大型連休のさなかに、ドル円は一気に105円台半ばまで急落しました。

    この時麻生財務大臣は「介入」という言葉を使い、市場に「介入警戒感」植えつける

    ことに成功しました。ドル円はその効果もあり、111円台前半まで6円も反発した

    記憶はまだ鮮明だろうと思います。今回の英国のEU離脱後の水準は、105円台よ

    りもはるかに円高水準ですが、どうゆうわけか、今回は通貨当局からのコメントや

    「口先介入」は全くありません。コメントしないのか、できないのかはわかりません

    が、これで100円を大きく割りこんでも同じような状況であれば、市場は「介入で

    きない」との見方を強め、安心してドル売り円買いを進めてくることも想定されます。

    政府日銀が市場介入できないのかどうかは、今月中にははっきりすると思われます。

    雇用統計や日米の金融会合、それに英国の保守党党首選など、相場を動かす材料が多

    く、今月中にはその結果も判明するからです。

    上記材料の一つでも円高が進む内容であれば100円を割込む可能性は高いと見てい

    ますが、その際の通貨当局の動きには注意したいと思います。

    過度の介入期待は危険ですが、逆に円高方向に楽観的すぎるのも危険です。

    100円を割り込めば、「いつ介入があってもおかしくはない」水準だからです。

    本日のレンジは100円30銭~101円50銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2050-a32c73a7

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。