FC2ブログ

ドル円105円に迫る 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は一段と上昇力を強め、104円98銭までドル高が進む。
    米株価が最高値を更新し、長期金利も上昇。近く発表される
    日本の経済対策や、日銀会合への期待もあり、一気にドルの買い
    戻しが進んだ。

  • ユーロドルは小動きだったものの、ユーロ円は急騰。
    116円台半ばまで買われ、6月24日のBREXIT以来の
    水準を回復。

  • 株価は3日続伸し、ダウは昨年5月の最高値を更新。
    さらにS&P500も連日の史上最高値を更新。米雇用に
    対する不安や英国の混乱が収まったことなどが背景。

  • 債券相場は3日続落。株価の上昇が続き、リスクオンが
    進んだことから債券には売り圧力が強まる。長期金利は
    1.51%まで上昇。

  • 金は大幅に続落。原油は反発し46ドル台に。

本日の注目イベント

  • 中   中国6月貿易収支
  • 欧   ユーロ圏5月鉱工業生産
  • 米   6月財政収支 
  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
  • 米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
  • 加   カナダ中銀政策金利発表

ドル円がよく動きます。昨日はユーロドルは蚊帳の外で、ドル円を
はじめ、円がらみの取引が活発だったようです。
近く発表される10兆円を超える経済対策や、今月末に行われる
日銀の決定会合に対する期待が海外勢を中心に盛り上がり、その
前にポジションの解消に動いているようです。
また、世界中で株式が上昇力を強め、史上最高値圏で推移している
ことも、円売りにつながっているようです。
もっとも日本だけは例外で、連日大幅な上昇を見せているとはいえ
まだ1万6000円台です。

昨日は首相官邸でバーナンキ前FRB議長と安倍首相が会談した
ことも円売りにつながったとの指摘もありますが、それにしても
先週末に99円99銭までドルが下落し、わずか2日でちょうど
5円の反発はかなり急激です。
これで、「円高の潮目」が変わったとは思えませんが、ドルの
ショートポジションはかなり解消されたと見られます。
考えてみれば、6月24日の英国の国民投票前には106円台
後半だったわけですが、ようやくその8割程度を戻したということ
です。

米利上げ観測の急激な後退、英国の予想外のEUからの離脱と、
立て続けにサプライズが続いたことで円買いが強まったわけですが、
その伏線として5月の米雇用統計の悪化があったことも挙げられます。
今回は、混乱していた英国の次期首相選びが、思ったよりスムーズに
いったことや、先週末の雇用統計、そして参院選挙と、徐々に目の
前の「不透明感」が一つづつ外されて来たことが急激なドルの買い
戻しにつながったと見てます。

これで、これまでの100-105円のレンジが崩れたのかどうかは
まだ分かりません。本日は海外株の上昇もあり、日経平均株価は
さらに上値を取りに行くでしょう。
最大で1万6700円台までは見ていますすが、出遅れ感の強い
日本株です。その程度の上昇があってもおかしくはありません。
その際にドル円がどこまで上値があるのかどうかですが、105円
台ではかなりのドル売りが予想されます。

基本は105円台からはドルの売り場を探るスタンスでよかろうと
思います。105円台は多くの輸出企業が社内レートと見ている
水準です。株価が予想以上に上昇しても105円台半ば止まりだと
見ていますが、東京市場で105円台を維持して引けるようだと、
海外市場ではもう一段高があるかもしれません。基本的にはロングは
手仕舞う水準だと思われます。
予想レンジは103円80銭~105円30銭程度と見ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2054-b90266ba

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。