FC2ブログ

ドル円早朝に107円台半ばまで上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 米株高を背景にドル円は一段と上昇し107円台に。

    一時は107円03銭と、6月初旬以来のドル高水準を記録。

    株高と、日本の景気対策への期待がドルの支援材料に。

  • ユーロドルは小幅に続落。1.10を割り込むものの、

    勢いはなく、値幅も出なかった。

  • 株式市場は続伸。企業の好決算が株価全体の上昇に

    つながり、ダウは9日続伸の36ドル高で引ける。                                                          

  • 債券相場は小幅に反落。株価の上昇が上値を抑え、

    価格は下落。長期金利は1.58%台まで上昇。

  • 金は反落し、原油は在庫の減少傾向が鮮明になったことで

    反発。

    本日の注目イベント

  • 欧   ECB政策金利発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 英   英6月小売売上高

  • 英  英6月財政収支

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   7月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   5月FHFA住宅価格指数

  • 米   6月中古住宅販売件数

  • 米   6月景気先行総合指数

  • 米  企業決算 →ブラックストーン、スターバックス、VISA、GM


    引き続きドル高が続き、ドル円はNY市場では107円台に乗せる場面もありました。

    ドル高を牽引したのはこの日も株価の上昇で、その株価は企業決算が好調だったこと

    が全体を押し上げ、投資家心理を好転させていると見られます。

    前日取引終了後に発表されたマイクロソフトの決算で、利益が予想を上回ったことが

    好感され、同社株は3カ月ぶりの高値まで買われ、これを手がかりにテクノロジー株

    が広く買われています。構成銘柄にハイテク株が多いナスダック指数は前日比53ポ

    イントと、大幅な上昇を見せ、ダウも36ドル上昇し、これで9日続伸し実に3年4

    カ月ぶりの好調さです。米株高がドルを支える好循環が、足元のドル高の最大の要因

    と見られます。

    原油価格は44-47ドルのボックス相場が続き、もみ合いに終始しています。

    また、米長期金利もさすがに株高が続いていることから一時の強さは見られず、1.

    5-1.6%台でこちらも、もみ合いです。

    株価が調整するようだと、再び1.4%台まで買われる可能性はあろうかと思います

    が、こうして見ると株価だけが突出して「高パフォーマンス」を演じていることにな

    ります。世界的な金利低下の影響から米債券利回りが急低下し、株式の配当利回りの

    優位性が高まったことから株式市場に資金流入が続いていますが、株価の大幅な上昇

    は、当然ですが増配しない限り配当利回りの低下につながります。

    従って、このまま株価が上昇し続けることは考えにくいと思われます。

    11月の米大統領選に向けて、共和党は全国大会を経てドナルド・トランプ氏を正式

    に大統領候補に指名しました。

    当初、大統領候補として名乗りを上げた時、誰がこの事態を予想できたでしょうか。

    これで、民主党のヒラリー・クリントン候補との一騎打ちが決まりました。

    トランプ氏は「圧勝する」と宣言していますが、今この時点でも、「まさかクリント

    ン候補が負けるわけがない」といった見方が圧倒的です。

    ただ、先月の英国のEUからの離脱の例もあります。

    ポピュリズムを味方にした方が勝つというのが今の風潮です。「二羽目のブラック・

    スワン」がいないとは誰にも言えません。

    仮にトランプ氏が次期大統領になるようだと、これは円高要因だと見られますが、氏

    が演説で度々口にしているように、在日駐留米軍の費用を日本が全て負担することに

    なるかもしれません。もしそうなれば、消費増税を延期したばかりの日本にとって資

    金負担が増え、国債の増発につながることから「円売り材料」と見られることもあり

    得ます。大統領選まではまだ3カ月以上もありますが、いずれ為替市場の注目材料に

    なる日が来るはずです。

    ドル円は早朝に107円台半ばまで上昇しました。

    ドル高、米株高から今日の日本株も上昇するでしょう。

    ドル円のレンジは106円30銭から107円80銭程度を予想します。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2059-df9b2ad0

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。