FC2ブログ

ドル円早朝より乱高下 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 104円台で推移していたドル円は、ロイター通信が日銀が

    政府から金融緩和を求める圧力を受けているとの報道に、105円50銭

    まで上昇。その後はやや軟調となり105円20-30銭で引ける。

  • ユーロドルは続伸。1.10台半ばから1.11台までユーロが買われ、

    約2週間ぶりのユーロ高に。                                                    

  • 株式市場はまちまち。原油価格の下落もあり、ダウは小幅ながら4日

    続落し、ナスダックは3日続伸。

  • 債券相場は反落。グリーンスパン元FRB議長が、価格に警戒感が必要

    との認識を示したことも影響。長期金利は1.50%台に上昇。

  • 金は続伸し1341ドルに。原油は供給過剰感が払拭できず続落。

    前日比78セント下げ、41ドル割れ目前に。

    本日の注目イベント

  • 豪   豪第2四半期生産者物価指数

  • 日   6月消費者物価指数

  • 日   6月失業率

  • 日   6月鉱工業生産

  • 日   日銀金融政策決定会合

  • 日   黒田日銀総裁記者会見

  • 欧   仏4-6月期GDP(速報値)

  • 欧   ユーロ圏4-6月期GDP(速報値)

  • 欧   ユーロ圏6月失業率

  • 欧   ユーロ圏7月消費者物価指数(速報値)

  • 欧   企業決算 → バークレーズ、UBS、ミタル

  • 米   4-6月GDP(速報値)

  • 米   7月シカゴ購買部協会景気指数

  • 米   7月ミシガン大学消費者信頼感指数(確定値)

  • 米   ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演


    ドル円は早朝に105円30銭台で推移していたが、一気に103円37銭辺り

    まで約2円も下げ、既に今日一日の混乱の予兆を見せています。

    日銀金融会合を控え、思惑が錯綜しているようです。

    昨日のNY時間にもロイター通信の報道で、105円50銭までドルが急伸する

    場面があり、本日は、文字通り「熱い一日」になりそうです。

    ロイター通信は、日銀には政府から金融緩和を求める圧力が強まっており、イン

    フレの動きに弱さが見られる中、29日まで開く金融政策決定会合で追加緩和の

    具体的な内容について検討しているもようだと報じました。(ブルームバーグ)

    また、政府は、日銀が追加緩和を決めた場合は「声明文」を発表する見通しだとも

    伝え、ロイターが確認した声明文の草案まで明らかになっています。

    政府が日銀に圧力をかけること自体異例なことですが、日銀の決定に対して声明

    文を発表することも前代未聞です。

    まるで、試合が始まる前から外野席が燃えている状況と言えます。

    因みに声明文の草案は「政府は日銀の決定を歓迎しており、予定している大規模

    な経済対策を含む、あらゆる必要な政策措置を講じていく」というものです。

    もし追加緩和が決定され、この内容の声明文が出たとしたら、政府の情報管理体

    制は、一体どうなっているのか、そちらの方が不安です。

    本日は「試合前」から周りは騒然としています。

    全ては決定会合の内容次第です。

    ロイター通信が報道したように追加緩和に踏み切るのか、あるいは政策変更はな

    いのか、固唾を呑んで見守るしかありません。

    今回は政策変更なしが、「サプライズ」として受け止められる雰囲気です。

    このような状況で予想レンジを考えても意味はありません。

    下値方向では、政策変更がなかった場合に100円の大台を割り込むのかどうか

    が焦点と、追加緩和があった場合には、先週のドルの戻り高値である107円台

    半ばが抜けるかどうかに注目しています。会合の結果は早ければ11時半頃には

    公表されると見られますが、遅ければ1時を過ぎることもあり得ます。その場合

    には、議論が紛糾している可能性が高く、「追加緩和を織り込む動き」になる

    傾向があると考えられます。いずれにしても、早朝には数分で2円程動いたドル

    円です。乱高下は必至でしょう。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2065-0d84dc05

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。