FC2ブログ

ドル円再び104円台後半を試す 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は再び上昇し104円62銭までドル高が進むも、
    105円には届かず。米長期金利が上昇し、住宅関連指数
    が良好だったことからドルが買われた。

  • ユーロドルは独IFO景況指数が上振れしたことや
    ユーロ圏PMIが良好だったことで買い戻しが先行。
    1.09台半ばまでユーロ高が進む、

  • 株式市場はまちまち。金融株が買われたが不動産株が
    下落。ダウは30ドル上昇したものの、ナスダックはアップル株
    が売られたことで33ポイント下落。

  • 債券相場は反落。サービス業PMIが良好だったことに反応。
    長期金利は10日ぶりに1.80%近辺まで上昇。

  • 金は反落。原油価格は在庫が予想外に減少したことで買われ、
    50ドル台を回復する場面もあったが続かず。引け値では前日比
    78セント下げ、49ドル台前半に。

  • 9月新築住宅販売件数  → 59.3万件

本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏9月マネーサプライ
  • 英   英7-9月期GDP(速報値)
  • 米   新規失業保険申請件数
  • 米   9月耐久財受注
  • 米   9月中古住宅販売成約指数
  • 米  企業決算 → ツイッター、アルファベット、アマゾン
                              
昨日の東京時間は値幅も出ず、終始上値の重い展開でしたが、NY市場では
再び上値を試し、104円62銭までドル高が進みました。それでも104円台後
半まで上昇する勢いはなく、下値が堅いだけに、方向感に欠ける展開でした。

昨日一日を見渡すと、結局104円台は一度も割り込まずに反発しています。
104円台半ばから上値も重いため、投資家は「ドルが底堅いのか、ドルの上
値が重いのか」判断に迷うところです。
筆者はテクニカルを基本としていることから、ドルが上昇すると予想しています
が、今朝の経済紙などは、むしろドルが再び100円を割りこむ可能性が高い
といった論調でした。

ドルが100円割れを目指すという根拠には、米国の利上げの限界を挙げてい
ます。12月のFOMCでは今年最初の利上げの可能性が高いと思われますが、
そのペースは続かず、来年はせいぜい1回止まりという見立てです。
確かに、今年も当初4回と見られていた利上げが、いまだにゼロで、これがドル
円を100円以下にまで下押しした理由の一つですから、もし来年も利上げが1
回だとしたら、やはりドルが下落する可能性は高いのかもしれません。

ただこれはあくまでも、足元の景気をベースに予想しているだけで、米景気の
力強さを過小評価している面もあります。日米欧で、米国が頭一つ抜けている
ことは論を待ちません。

ドル円は前日に続き104円台半ばをテストしているところです。先日も述べま
したが、104円台半ばから105円にかけてはドル売りが出やすい水準です。
ただこれも何回かテストしているうちに消化され、次第に売りが後退して行きま
す。為替担当者も104円50銭で一度ドル売りの手当てをしてしまえば、今度は
もう一段上のレートで売りたいと思うのが人情です。何度か同じ水準を試すと、
売りが引いてしまうことは良く見られる現象です。従って、104円半ばを超え、
105円をテストできるかどうかが目先の重要な鍵となります。

ドル円は104円台を徐々に値固めしているところですが、本日も上記レベルで
どの程度のドル売りが控えているのかに注目です。104円台半ばで推移してい
ることから、余程のドル売り材料が出ない限り東京時間では104台を維持して
海外市場に引き継ぐと見ています。NYではアルファベット(グーグル)の決算発
表が最大の注目を集めそうです。昨日はアップルの決算が失望を誘い、ナスダッ
ク指数を圧迫した経緯があります。好決算が発表されれば市場全体のムードが
好転します。

予想レンジは104円~105円程度にしたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2122-7372fdb4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。