FC2ブログ

ECB理事会を受けユーロ乱高下 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 東京市場で113円13銭まで売られたドル円は、NYでは

    114円38銭まで買われたが、ユーロの下落に114円近辺まで

    押し戻されて引ける。

  • ユーロドルは乱高下。ECBがQE縮小を発表すると急騰し、1.08台

    前半までユーロ買いが進む。その後ドラギ総裁の記者会見を境に急落し

    1.06前後まで売られ乱高下。

  • 株式市場は続伸。ECBがQEの期間を延長したことが背景。

    ダウは65ドル上昇し、4日連続で最高値を更新

  • 債券相場は反落。資金が債券市場から株式市場にシフトしている

    ことが鮮明に。長期金利は2.40%台まで上昇。

  • 金は反落し、原油は3日ぶりに反発。


  • 新規失業保険申請件数 → 25.8万件

    本日の注目イベント

  • 中   中国 11月消費者物価指数

  • 中   中国 11月生産者物価指数

  • 独   独10月貿易収支

  • 英   英10月貿易収支

  • 米   12月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
    -                                    

    ECBは理事会を開き、現在800億ユーロ(約9兆7000億円)の債券購入

    プログラムを2017年12月まで延長し、月々の購入額を来年4月以降600

    億ユーロ(約7兆3000億円)に減額することを決めました。市場では期間の

    延長はあると予想していましたが、減額はややサプライズで、発表直後にユーロ

    ドルは1.0873近辺まで急騰。ユーロ安要因が一つ除かれたとの見方がユー

    ロ買いに走らせました。ところがその後は一転してユーロ売りが優勢となり、1.

    06近辺まで売られる「大相場」(おおそうば)を演じています。

    同時にユーロ円も123円35銭辺りまで上昇した後、高値から2円以上も下落

    しています。

    量的緩和の縮小を決めた後の記者会見で、ドラギ総裁が引き続き量的緩和の堅持

    を強調したことがユーロ急落の引き金を弾いたものと思われます。

    ドラギ総裁は会見で「見通しが悪化、もしくは金融環境がインフレ回復の進展と

    相いれないものになった場合、プログラムの期間延長や規模拡大を実施する方針

    だ」と述べ、「ECBの量的緩和はある意味オープンエンド、状況次第だ」と強

    調しています。昨日は、円は蚊帳の外で、「ユーロの日」でした。

    ドル円の動きは「いつもの動き」でした。

    東京時間には上値の重さから一時113円13銭まで売られましたが、

    NY市場では恒例の114円台までドルが買われ、114円38銭まで上昇して

    います。「東京でドルを買って、海外で手放す」というルーティーンワークが依

    然として機能している状況です。

    さらに114円30-50銭で折り返してくるところも「恒例」になりつつあり

    ます。前日も同じように、114円41銭まで買われた後、1円ほど下げました。

    NYダウは300ドル近く上昇したにも関わらず、米長期金利が低下したことか

    ら、金利に引っ張られる形でドル安が進んだと説明できますが、昨日はその長期

    金利も大きく上昇し、さらに株価も続伸する中での下落でした。

    ちょうど1カ月続いたトランプラリーも、さすがに息切れがしたと見るべきなの

    か迷う所です。

    「上値は重いけれども、下がって来ない」相場展開に、ややストレスも溜まる展

    開です。驚きを禁じえないのが米国株の上昇です。

    ダウは昨日も上昇し、これで、4日連続で最高値更新です。

    まさに「買いが買いを呼ぶ展開」と言えます。

    この流れに乗り遅れまいとするファンドなどの資金流入が継続的に続いて

    いると見られますが、最初にスタートを切った「早起き鳥」は既に、少しずつ

    利食いに入っている可能性もあります。ドル円と同じ様に、ここからロングには

    行けないが、買いたくても買えないという状況でしょう。

    ECB理事会も終え、これで残すは13-14日のFOMCのみとなりました。

    今会合での1年ぶりの利上げは確実視されており、ドル高要因と見られています

    が、昨日のECBの政策発表後の動きのように、思わぬ波乱があるかもしれませ

    ん。相場観を固定するのだけは避けたいと思います。

    本日の予想レンジも昨日とほぼ同様です。113円50銭~114銭50銭程度

    を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2144-5174d8b7

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。