FC2ブログ

ドル円115円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は株高、金利高に支えられて一段高。

    115円台に乗せ、115円37銭まで上昇。

  • ドル高が進み、ユーロドルもドル買いユーロ売りが

    優勢となり、1.0531まで下落。

  • 株式市場は大幅に続伸。原油高や経済指標も

    株価を後押し、ダウは142ドル高と5日連続で最高値を

    更新。他の2指標も高値を更新。

  • 債券相場は大幅続落。良好な消費者マインドが

    発表され、利上げ観測につながった。長期金利は

    2.46%台まで上昇。

  • 金は続落し2月以来の安値を記録。原油価格はOPEC

    加盟国と非加盟国が減産で合意するとの見方から続伸し、

    51ドル台を回復。

  • 12月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) → 98.0

    本日の注目イベント

  • 米   11月財政収支

    NY市場では株高と金利高が続き、ドル円もついに115円台を突破

    しました。これまで114円台半ばから後半にかけて「壁」を作って

    いたものの、その「壁」を抜けると、一気に115円台前半まで上昇

    しています。

    消費者マインドは「98.0」と、今年最も高い水準を記録し、加え

    てWTI原油価格も続伸し、51ドル台を回復。ロシアが減産に前向

    きな姿勢を見せたことで、OPEC加盟国と非加盟国との会合では、

    減産で合意するとの見方が強まっていることが背景です。

    株式市場では株価の上昇が止まりません。

    ダウは前日比142ドル上昇し、1万9700ドル台に乗せ、今週に

    も2万ドルの大台に乗せるといった強気の声も出ています。

    債券は売られ、長期金利は2.46%台まで上昇し、これがドル高を

    演出していますが、今後さらに金利が上昇すれば、来年のFRBの金

    融政策にも影響を与えるのみならず、住宅ローン金利にも波及し、活

    況な住宅市場にブレイキをかけることにもなります。

    トランプ効果の「明の部分」にスポットがあたり、「暗の部分」が見

    過ごされる状況が続いていますが、このままドル高と金利高が続けば、

    いずれ大きく反転するリスクの芽を育んでいることにもなります。

    市場はかなり楽観論に傾きすぎていると思われます。

    ドル円は週明け早朝にも115円55銭近辺まで買われ、さらに一段

    上を目指す勢いです。

    115円台半ばまで上昇したことで注目していた「週足の雲の上限」

    を上回って来ました。また同時に「120週線」も上回り、さらに上

    昇する気配を見せています。

    2週間ほど前に一度だけ2円ほどの「調整」がありましたが、それ以

    外はほぼ一本調子でドルが買われています。

    今の調子で行けば、120円もそう遠くない時期に到達するイメージ

    ですが、今週は注意が必要だと考えます。

    今週は14日にFOMCがあります。ここでの利上げはほぼ確実視さ

    れており、市場にはすでに織り込まれていると思われます。

    従って、利上げ=ドル買いの連想で動くと危ないかもしれません。

    むしろ、これをきっかけに「材料出尽くし」からドルが売られる可能

    性もないとはいえません。

    ここまでドルがほとんど調整のないまま買われていることを考えれば、

    その可能性は十分あり得ると思われます。

    もっとも、だからといってレベル感だけでドルを売るのにも注意が必

    要です。それは、従来のドル上昇局面とは違うからです。

    本日のNY市場の株高を受け、日本株も上昇が見込めます。

    日経平均が200円以上上昇すればドル円も引っ張られそうです。

    その際に、どこまでドル高が進むかということですが、ロングは一旦

    手仕舞うタイミングを探るべきかと思います。あるいはトレールをつ

    けて、様子を見る手もあります。

    予想レンジは114円80銭~116円程度と見ますが、一日の値幅

    も大きく、なかなか落ち着きどころが見つけにくいのが現状です。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2145-a7a02029

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。