FC2ブログ

円続落。99円49までドル高すすむ。 




先日三人で居酒屋へ行きました。

仲間の一人がつまみに「アジフライ」を注文し、

揚げたてが届いて食べるときに、彼はおもむろにソースを

かけ始めたのです。

「おいおい、アジフライは醤油だろ・・・?」と言うと、

「何言ってんだ、フライだからソースだろう。」

それから暇な三人が「アジフライ」には醤油かソースかで

喧々諤々・・・・。

因みに私は「アジフライ」は魚なのでソース派です。

皆様は如何ですか?



「そんなことどうでもいいだろう。」って、
おっしゃる通りです。

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場

    欧州市場で99円台まで円が売られた流れをうけドル/円はドル堅調の
    地合で終始。

  • ドル/円は4ヶ月ぶりに99円49銭まで上昇。

  • 1週間ぶりにNY株式市場が反発し、ダウは一時前日比250ドル高
    まで上昇しましたが、引けにかけては軟調となり約150ドル高でクローズ。

  • 中国が大規模な景気刺激策を発表するとも報道で、米国も相当なメリットを
    受けるとの連想からエネルギー、素材株が牽引。

  • 2月ADP雇用者数→▼69万7千人(過去最悪の減少幅)

  • 2月ISM非製造業景況感指数→41.6(先月より1.3P低下)

  • 地区連銀経済報告(ベージュブック)では全地域での経済活動が減速した
    との報告。

  • 金は8日続落し、900ドル割れ目前。高値から100ドルの下げは
    安全資産としてのドル高の影響をうけている模様。


本日の注目点
       
  • 欧  ECB理事会 
      
  • 欧  BOE金融政策委員会 

  • 欧  ユーロ圏第4四半期GDP改定値

  • 米  週間失業保険申請件数  

                

じりじりと円安がすすんできました。

欧州市場で99円半ばまでドル高/円安が進み、NYではほぼ99円台での

取引でした。

円は対ユーロでも125円台半ばまで売られ、ドル/円はクロス円での

影響で円安が進んだ側面もあります。

99円49銭までのドル高後、現在は一旦99円台前半まで調整しています。


1月21日に記録した87円10銭の円最高値はまだ記憶に新しいところですが、

この差23円56銭(110.66-87.10)はフィボナッチの半値戻し

にあたる98円88銭でしたが、この水準をクリアしたことからテクニカル的には

暫くはドル堅調と観るべきでしょう。

この次のターゲットは100円20-30辺りですが、

この水準はかなり強い抵抗線があり、すぐに上抜けするのは困難かと

観ています。

ドルロングの市場参加者もこの水準ではひとまずポジションをスクウェアに

し、もし大きく抜けるようなら再度ロングで攻めたいところでしょう。


ユーロ/ドルは昨日の東京市場で1.25台を割り込み1.24ミドルまで

ユーロ安が進みましたが、そこから切り返しNYでは1.26台

テクニカルでは売りシグナルが点灯しましたが、ここは読み切れませんでした。

今夜はECB理事会です。

0.5%の利下げはほぼ織り込んでおり、0.25%ならユーロが買われる

展開もあるかもしれません。

またその後のトリシェ総裁の発言も、今回は注目度が高いようです。

金融緩和打ち止めを示唆するようなコメントが出れば、これもユーロ上昇に

弾みをつけ1.28台も無いとはいえません。

その意味からもドル/円は単独ではなく、ユーロ/ドル、ユーロ/円の動きからも

影響を受け易いため、そちらへの目配りも必要です。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/215-3805e3df

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。