FC2ブログ

ドル円反発し118円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は再び118円台まで上昇。黒田日銀総裁の発言を
    円安容認と捉え、117円台半ばからドル買いが優勢となる。
    株価が上昇したことも支えに。

  • ユ-ロドルはベルリンのトラックでのテロの影響もあり下落。
    1.0354まで売られ、徐々に下値を切り下げる。

  • 株式市場は続伸。ダウは一時2万ドルに接近する場面もあったが
    引けでは91ドル高と、2万ドルの大台に26ドルを残す水準で引ける。

  • 債券相場は小幅に反発。テロの影響も限定的で、
    買いがやや優勢に。

  • 金は反落し、原油価格は小幅に続伸。

本日の注目イベント

    欧   ユーロ圏12月消費者信頼感(速報値)
    英  英11月財政収支
    米   11月中古住宅販売件数
 
前日の海外で116円台半ばまで下落したドル円でしたが、一日で118円台前半まで
戻しています。
高値から約2円ほどで「調整」を終えることも、今回のトランプラリーの特徴の一つとも
言えます。昨日の東京時間では株価の上昇が先導する形でドルが買われ、3時半か
ら始まった黒田日銀総裁の発言でさらに上値を追う展開でした。

黒田総裁は、急速に進んだ円安について、現在の水準は2月ごろと同じであって「別
に驚くような水準とも思っていない」と述べたことで、市場は総裁が「円安を容認した」と
受け止めドル買いに走ったようです。今回の決定会合ではもちろん政策変更はなく、為
替が円安に進んだことで株価が上昇し、原油価格の上昇と共に、将来のインフレ期待が
持てることから現状を追認したというところです。材料がなかった状況だけに、意外に反
応したとの印象です。

ドイツのベルリンで起こったトラックによるテロや、トルコ駐在のロシア大使暗殺があった
にも関わらず、NY株式市場は上昇しています。ダウは一時、あと13ドルで2万ドルの大
台に届くという水準まで買われましたが、結局、前日比91ドル高の1万9974ドルで引け
ました。2万ドルの大台達成は明日以降に持ち越されましたが、史上最高値は更新しまし
た。

ドル円も118円24銭まで買われていますが、その後は117円台後半に落とされ、まだ
118円台を固めたという感じでもありません。テロの影響も消化して上昇するNY株式市
場ですが、先ずは2万ドルの大台を達成しないと収まらない状況です。
すでにPERなどの指標からすると買われ過ぎとの指摘もありますが、買いが買いを呼
ぶ展開には驚くばかりです。市場が総弱気の時にこそ、積極的に買いを進めるウォーレ
ンバフェットは、このような時にはどんな投資行動を取るのか興味のあるところです。

ユーロドルも再び1.03台後半まで売られ、ドル円も118円台。依然としてドル高トレン
ドが続いています。明日辺りからはそろそろクリスマス休暇入りする関係者も多く、昨日も
商いそのものは低水準だったようです。最後に調整が出るのではないかとの期待も、どう
やら空振りに終わる公算が高いと見られます。

本日も特段重要な材料はありません。従って株価の動きに連動する格好でドル円も推移
すると見られます。昨日のように、株価との相関が強まるようだと118円台に乗せ、昨日
のNYでの高値を試すことになりそうです。仮に、そのレベルを抜けるようだと、118円40
-65銭あたりが重要な壁になっており、ここが抜けるかどうかがが注目されます。東京市
場が終わると、ほぼドルが買われる展開が続いていますが、この点にも注意が必要です。
ドルロングは長めにキープできますが、ドルショートは早めに決済しなければ利益が取れ
ない地合いが続いているからです。
予想レンジは117円40銭~118円50銭程度にします。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2152-b8af7a47

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。