FC2ブログ

NYダウ2万ドルを前に足踏み 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は117円台で推移。やや上値が重くなっており、
    株安と原油安、さらには金利も低下したことで117円15銭まで
    売られたが、その後は117円台半ばまで反発する。

  • ユーロドルは1.03台から上昇。イタリア大手銀行への
    資金供給にメドがついたこともあり、1.0451まで買われた。

  • 株式市場は反落。ダウは2万ドルの大台を前に足踏み状態。
    商いも少なくダウは32ドル下落し、大台がやや遠のく。

  • 債券相場は反発。株価が下落した他、特に材料もなく反発。
    長期金利は2.53%台へと小幅に低下。

  • 金は小幅に下落。原油は在庫が増加していたことで反落。

  • 11月中古住宅販売件数    → 561万件

本日の注目イベント

  • 欧   ECB経済報告
  • 米   7-9月GDP(確定値)
  • 米   11月耐久財受注
  • 米   新規失業保険申請件数
  • 米   10月FHFA住宅価格指数
  • 米   11月個人所得
  • 米   11月個人支出
  • 米   11月PCEコアデフレーター

ドル円はNY市場で117円15銭まで売られましたが、いつものように
そこからは反発しています。下落しても、「下落特有の勢い」もなく、依
然としてドルが下げたところを拾うスタンスが続いていると見られます。
ただそれでも、ドルの上昇に先週までのような勢いもなくなったのは事実
で、これまでのように一本調子で上昇する展開でもなくなっています。
11月9日の大統領選を境に、全く景色が変り急激なドル高円安が、かな
りのスピードで進行して来ましたが、そのスピードにも若干ブレイキがか
かっているようです。

すでに11月9日からは約17円ものドル高が見られ、このままの状況が
続けば直ぐに120円に届いてしまいます。
このあたりでの小休止も当然のことで、これはNYダウでも言えることで
す。ダウは2万ドルを目前に足踏みしているところで、年内に2万ドル達
成はあると予想していますが、今は大台達成前の準備をしているところで
しょう。

トランプ効果でここまでドル高と株高が同時進行しましたが、今後は選挙
中の公約が実施されるのかどうかに焦点が移ります。
10年間で1兆ドルものインフラ投資に加え、法人税を35%から15%
へと半分以下にし、さらに個人に対しても減税を行うというものです。
問題はその財源です。予算は議会を通さなければなりません。
これまでの議会と異なり、現在議会は共和党が多数を占めており、予算は
承認されやすいと見られていますが、減額されることも考えられます。
もしそのような事態になれば、トランプ神話もほころび始めることになろ
うかと思います。
トランプ効果の「陽の部分」だけが強調されてここまで一気に駆け上がっ
てきたわけで、「影の部分」は封印されてきたことを考えれば、その反動
も大きいと思われます。

本日は連休前ということもあり、ドル円が118円台まで戻す可能性は低
いでしょう。欧米もクリスマス休暇です。
取引も閑散となりそうですが、かといって大幅なドルの下落も予想しにく
い状況です。「閑散に売りなし」といったところでしょうか。予想レンジ
は117~118円程度と見ますが、117円を割りこむ場面があれば、
もう少し下値が見込めるかもしれません。

===============================
11月9日の米大統領選を境に、金融市場の景色が一変してしまったこと
はご承知の通りです。
ドル高円安が急速に進み、NYダウは2万ドル目前。遅ればせながら日経
平均株価も後を追うように大幅高を演じています。
大統領選の前日からの上昇率を調べてみると、NYダウは8.9%で、日
経平均は13.9%、そしてドル円は実に16.6%も上昇していました。
(12月21日現在)
ところが、もっと大幅に上昇している市場があったのです。それは、ビッ
トコインです。11月8日には74、290円だった価格は、昨日は何と
95、000台まで上昇し、上昇率は27.8%です。
外貨規制が厳しい中国で、人民元安が進んでいることで、中国人が大量に
買っていることが背景ですが、まだ先行き不透明な部分が多いビットコイ
ンです。やや買われ過ぎの印象ですが、こちらも10万円の大台を目指し
そうです。
良い連休を・・・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2153-67030edd

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。