FC2ブログ

円再び99円台テスト。日本の経済指標を受けて。 




昨日のアジア地区WBCの決勝戦、

予選で圧勝した韓国に完封負けでした。

韓国投手陣を全く打てず、ぼてぼての内野ゴロが目立つ試合でした。

韓国もノーアウト2,3塁でミスをするなど、最小得点<の1点

でしたが、なにしろ打てませんでした。

実力では日本の方が上と言われている対韓国ですが、どうも相性が

悪いようです。

投手陣の出来はいいようなので、何とか打撃陣の奮起を

期待したいものです。

やはりムードメーカーはイチローでしょう。

彼が打てばチームに勢いがつくんでしょうが。

このままではV2どころか、ベスト4にも残れるかどうか?。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 日本に1月の国際収支が経常赤字となり、赤字幅が過去最大だったことを材料に
    ドル円は買われ、先週に引き続き99円台をテスト。

  • 高値99円19銭までドルは上昇したものの、この水準からさらに上昇する勢いは
    なく、98円後半で引け。この日は特に重要な経済指標が無い中、ドルは終日堅調。

  • NY株式市場の下落が止まらず、朝方は前日比プラスになる場面もありましたが、
    結局80ドル安で取引を終えました。

  • 株式市場が軟調の中、この日はGEとバンカメが政府保証のついた債権を発行し、
    資金調達に成功したとの報道で金融セクターは上昇。

  • 金は下落、原油先物価格はサウジの減産見通しを受け上昇、50ドル台の
    載せるとの観測が強まってきました。




本日の注目点
     
  • 欧   独2月消費者物価物価指数(速報値)

  • 欧   独1月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏1月生産者物価指数 

  • 米   1月卸売売上高  
     


                


欧州にかけてドル円は再上昇し、99円台をテストしました。

この日は特に重要な経済指標もなく、やはり先週の流れの一貫かドル

は終日堅調でした。

市場の目は日本のファンダメンタルズに対してこれまでに無く、厳しい目で見ており

昨日は発表の国際収支の大幅赤字も材料視されました。
この反応は東京市場での反応を大きく上回るもので、2月のGDP発表時も
同様でしたが、この点は意識しておく必要があろうと思います。


ドルはユーロに対しても堅調で、一時1.25ミドル、ポンドに対しては1.37台後半まで

ドル高が進みました。

ただ、ポンドについては前日のロイズ銀行グループの国有化が再度蒸し返され、英国政府は

最大でロイズ株を77%まで引き上げる可能性があると発表したことがポンド売りに繋がった

ようです。


市場では安全資産としてのドルに需要が高まっていますが、株式市場の下落が

金融システムへの不安に繋がりドル買いを促している側面もあります。

「市場では明らかにリスク回避の動きが強まっており、市場の流れはドル買いに

向かっている。円とスイスフランが下落圧力にさらされているため、ドルが唯一の
安全資産となっているもようだ。」
            (トムソンロイター)
これまで株安=円高でしたが、このところの株安=円安の逆相関も意識しなければ

なりません。

少なくとも今週は円の悪材料に反応しながらドルの高値を探って行く動きが

予想され、すぐにドル急騰の動きはないまでも100円の節目を目指す展開

になるでしょう。

世界的な金融不安が増殖する状況で、市場はこれまで言われてきた「有事のドル買い」

という原点にもどりつつあると言えます。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/218-96c90234

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。