FC2ブログ

議会証言を受けドル円114円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円はイエレン議長の議会証言を受けて、1月30日以来となる
    114円50銭までドル高が進行。証言内容が「タカ派」と受けとめられ、
    長期金利が上昇し、米景気への楽観的な見方が広がった。

  • ユーロドルもドル高ユーロ安が進み、1.0561まで売られ、
    約1カ月ぶりのユーロ安水準を記録。

  • 株式市場は大幅に続伸。FRB議長が景気を楽観的に見ていることが
    株価を押し上げた。ダウは92ドル上昇し、2万500ドル台に乗せる。
    ダウはこれで、5営業日連続の最高値更新。

  • 債券相場は3月のFOMCでの利上げも排除できない状況になった
    ことから続落。長期金利は2.47%台まで上昇。

  • 金は小幅ながら4日続落。原油は反発。

  • 1月生産者物価指数  → +0.6%

本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏12月貿易収支
  • 英   英1月雇用統計
  • 米  2月NY連銀製造業景気指数
  • 米   1月消費者物価指数
  • 米   1月小売売上高
  • 米   1月鉱工業生産
  • 米   2月NAHB住宅市場指数
  • 米   イエレン・FRB議長、下院銀行委員会で証言
  • 米   米・イスラエル首脳会談
  • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
  • 米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演

昨日の東京時間午後のドル円はトランプ政権の重要閣僚の一人である
フリン大統領補佐官の辞任が材料視され、株価は200円を超える下げをみせ、
ドル円も113円台前半まで売られる、重苦しい展開でしたが、その雰囲気を
一変させたのがイエレンFRB議長の議会証言でした。

追加利上げに前向きな発言だったことからドル円は2週間ぶりに114円50銭まで
買われています。
利上げは株式にとってはネガティブな材料ですが、この日は主要3市場とも
最高値を更新し、米国株の力強さを改めて見せつけられた格好です。
ダウは5営業日連続で最高値を更新し、この間の上げ幅は400ドルを超えて
います。
株式に関してはまさに「トランプラリー・第二章」と言えると思いますが、2万ドルの
大台を越えてからはスピードが速すぎ、反落も意識しないわけにもいきません。

イエレン議長は上院で、「金利と雇用が当局の見通しと一致すれば、一段の
利上げが適切になる」との認識を示しました。
しかも、利上げのタイミングについても、「今後数回の会合で判断するつもりだ」
と述べ、3月のFOMCでの利上げの可能性も排除できないことになります。
さらに、利上げを引き延ばすリスクについても「緩和解除を長く待ちすぎるのは
賢明ではない。待ちすぎればFOMCは最終的に急速なペースで利上げを迫られる
可能性があり、金融市場を混乱させ、リセッションに追いやるリスクが生じる
恐れがある」(ブルームバーグ)
と指摘しています。

この証言から窺えることは、昨年12月に利上げを行った際に、2017年には
3回程度の利上げを想定しているという、FRBのシナリオ通りに米景気が拡大して
いるということです。
もともと2008年のリーマショックで、ゼロ金利にした金融政策を、できるだけ
早い時期に「巡航高度」まで持って行きたいというのがFRBの基本的な
考え方で、現行の超低金利下では万が一「第二のリーマンショック」が起きた
場合には、金融政策を出動できないリスクがあるからです。

下落基調を続け、先週には2.33%台まで低下した米長期金利は緩やかに
上昇してきました。
この欄でも、「ドル円が115円に向かうには長期金利の上昇が不可欠」といった
コメントを書いてきました。
ドル円が先月115円台に乗せた時には、米長期金利は2.5%台まで上昇して
いたことを考えると、ここから115円台に乗せるにはもう一段の金利上昇という、
援護射撃が必要になってきます。
ここは、トランプ大統領の減税政策やインフラへの大規模な財政出動を待つしか
ありません。

本日はドル高、株高の影響から日経平株価もザラ場では200円程度の上昇を
見込んでいます。
昨日記述した通り、ドル円はテクニカルの節目である114円50銭で、ピタリと
上昇を止められています。
この水準の上にも120日線が114円76銭前後にあるため、114円50銭~115円
が重要な「レジスタンス・ゾーン」と言えるでしょう。
予想レンジは113円50銭~114円70銭程度とします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2187-206e97fb

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。