ドル円「往ってこい」の展開 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は欧州時間に115円20銭近辺まで買われたものの、

    NYでは金利が低下し、原油価格が47ドル台に下落したことで

    反落。114円51銭までドル安が進み、114円70-80銭で引ける。

  • ユーロドルは売られたものの1.06台は維持。ドイツの経済指標が

    良好だったものの、上値は限られた。

  • 株式市場は続落。原油価格が47ドル台まで売られたことで、

    石油関連株が下落。ダウは44ドル下げ、他の主要指数も揃って続落。

  • 債券相場は反発。2月のPPIは上昇したが、原油安でインフレ

    期待が後退。長期金利は2.60%台に低下。

  • 金はほぼ変わらず。原油価格はサウジなど、OPEC加盟国の

    減産が一段と進んでいることで7日続落。47ドル台まで売られ、

    昨年11月末以来の水準を記録。


  •  2月生産者物価指数  → +0.3%

    本日の注目イベント

  • 欧   オランダ下院選挙

  • 英   英2月雇用統計

  • 米   FOMC 政策金利発表

  • 米   イエレン議長記者会見

  • 米  3月NY連銀製造業景気指数

  • 米   2月消費者物価指数

  • 米   2月小売売上高

  • 米   3月NAHB住宅市場指数

  • 米   連邦債務上限の適用停止期間が終了

    ドル円は115円台がやや重くなりつつある一方、114円台半ばは維持され、

    重要イベントを前にポジション調整の域を出ません。昨日の欧州市場では11

    5円20銭までドルが買われたものの、上昇は続かず、NYでは一旦114円

    51銭まで売られた後、結局昨日の水準で戻って来ました。

    本日のFOMCでは利上げはほぼ確実で、発表は朝方3時です。

    現行のフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標0.5%~0.75%を

    0.75%~1.00%へと引き上げると見られています。

    注目すべきは、FOMCメンバーによる政策金利見通し(ドットチャート)

    です。

    年内利上げ3回が昨年12月時点での予測でしたが、これが4回を見通すこと

    ができるのかどうかです。既に大手米銀では3回から4回に予想を見直してい

    るところも出ており、個人的にもインフレ率以外の指標がほぼ良好なことから、

    その可能性は高いと考えています。

    また、その後のイエレン議長の会見内容も重要です。

    仮にドットチャートで4回の利上げを示唆しても、議長自らの言葉が「利上げ

    のペースは依然ゆるやかなものになる」といった内容であれば、ドルの上値は

    限定的なものになるかもしれません。また、その逆もあり得ます。

    議長は今月4日の講演で、「緩和縮小のプロセスは過去数年のようなゆっくり

    したものにはならない可能性が高い」と発言し、市場にその準備を促している

    からです。いずれにしてもカギは利上げではなく、ドットチャートと、イエレ

    ン議長の会見内容です。

    もう一つの注目は、やはりオランダの総選挙でしょう。そして市場が警戒する

    のは、この選挙でもし極右の自由党が勝利した時のフランス大統領選への影響

    です。ユーロ圏第二の大国であるフランスでも「FREXIT」が起こるよう

    なら、通貨ユーロの危機につながる恐れがあるからです。

    ただ今朝の情報では、その可能性がやや低下しています。

    投票前日の世論調査では、ウィルダース率いる自由党の大幅後退を示している

    ようです。ブルームバーグは、自由党の獲得議席は150議席中16にとどま

    る見通しだと伝えています。

    これは13日公表された前回の調査結果を4議席下回っており、昨年12月に

    は獲得議席数が32に達するとの結果もありました。

    自由党への支持率が低下していると見られます。

    ただイギリスの例もあり、昨年11月の米大統領選でも「まさか」が実際に起

    きており、ここは「学習効果」を無駄にしてはならない局面です。


    本日は上で述べたように、動きにくい相場展開が予想されます。

    ドルが売られた際には114円50銭が下抜けするのかどうか。

    また上値は115円台半ばが重要なポイントになろうかと思います。

    レンジはワイドに114円~115円50銭程度を予想します。



    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2207-3b18cd4b

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。