FC2ブログ

ドル円反発し111円台後半に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はしっかり。経済指標は良くなかったものの長期金利が

    上昇したことや、株価も堅調だったことからリスクをとる流れが

    円売りにつながった。111円86銭までドル高が進み、高値圏で引ける。

  • ユーロドルは反落。ドル高が進んだことで1.10を割り込み、1.09台

    後半中心の動きに。

  • 株式市場は4日続伸。欧州市場での株高を好感し、ダウは43ドル高と、

    先週急落した際の下げ幅をほぼ埋める。

  • 債券相場は続落。財務省短期証券入札が軟調だったことで売りものが

    先行する展開に。長期金利は2.28%台へ上昇。

  • 金は3日ぶりに反落。原油価格は続伸し51ドル台に乗せる。


  • 4月新築住宅販売件数        → 56.9万件

  • 5月リッチモンド連銀製造業指数  → 1

    本日の注目イベント

  • 欧 ドラギ・ECB総裁講演

  • 米   3月FHFA住宅価格指数

  • 米   4月中古住宅販売件数

  • 米   FOMC議事録(5月2、3日分)

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演

  • 米   トランプ大統領、ローマ法王と会談

  • 加   カナダ中銀政策金利発表
                                     

    昨日の東京時間からNYまでの動きを見ると、ドル円は111円台を何度か

    割り込んだものの、直ぐに111円台に戻し底堅い展開でした。

    北朝鮮との間で緊張の高まりが継続されていることと、トランプ大統領自身

    の疑惑が強まっているため、市場関係者の間には円の先高感が根強く残って

    いることで、110円台を試しにいったものと思われます。

    それでも昨日のNY市場では長期金利の上昇からドル円は111円台後半ま

    でドル高が進みました。

    トランプ大統領が就任後初となる予算教書が公表されました。

    歳出を今後10年間で3兆6000億ドル(約400兆円)減らすとしてお

    り、低所得者向け医療保険制度や食料配給券(フードスタンプ)、さらには

    低所得者向け住宅の補助など、貧困層や障害者、農家などへのセーフティー

    ネットを削減し、トランプ氏を大統領へと導いた地方労働者の多くに打撃を

    与える内容になりました、(ブルームバーグ)

    今回も予算教書について、米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長は

    「これは納税者第一の予算だ」と述べていますが、一方でこの予算は議会で

    承認される必要があり、共和党のマコネル上院院内総務は、初期の予算案が

    「必ずしも共和党のもの」ではない優先事項を反映していると発言していま

    す。果たして今後10年間でプライマリーバランスを均衡させることが出来

    るのかという見方が既に出ていますが、トランプ政権の公約である法人税減

    税や大規模なインフラ投資などの具体的な内容はまだ分かっていません。

    GDP3%達成に向けた工程表はまだまだ不透明です。

    ドル円は111円台後半まで上昇してきましたが、これで112円台に乗せ

    るようだと、110-115円、もしくは110-113円のレンジ取引の

    可能性が強まってきます。NY株式市場が一時の「ロシアゲート」ショック

    から立ち直りを見せてきたことで、日本株にもやや安心感が出てきそうです。

    米株高と円安から日経平均株価は上昇すると見られますが、その際にドル円

    が112円台を回復するかどうかが焦点になります。

    「1時間足」では「120時間線」にしっかりと支えられている形になって

    いますが、この上にある「200時間線」を抜けることができるかどうかに

    も注目です。このレベルは112円25銭近辺で、現在の値位置からすると

    それほど遠くはありませんが、市場のセンチメントからすると、「近いよう

    で遠い」気もします。

    本日の予想レンジは111円30銭~112円30銭程度と見ます。

    NY市場ではFOMC議事録が公表されますが、今回の声明文では「1-3

    月期の景気鈍化は一時的な可能性が高い」との判断を下しただけに米景気の

    先行きに予想を上回るような強い自信が明記されているようだと、ドル高に

    振れる可能性もあります。

    反対に政治的リスクにも言及があれば、ドルには弱い材料とみなされること

    になるかもしれません。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2253-b3655132

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。