FC2ブログ

NY株安でドル高円安一服。 


おはようございます。

東京地方でも桜が開花しました。

私の家の周りでも昨日咲き始めピンクの可憐な花が

顔を出し始めました。

これからが花見の本番ですが、日本人は「桜」が大好きです。

咲き始めたら一気に咲き、あの見事な枝ぶりを謳歌し、

そして一気に散ってしまう潔さ・・・・。

日本人の武士道に通ずるという人もいます。

これから桜前線は北上し、最後の北海道は5月下旬まで

花が楽しめるそうです。

日本列島が一年で一番に賑わう季節です。

個人的には福島の「三春の桜」と「弘前城の桜」を

一度は訪ねてみたいと思います。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • NY株式市場は前日の急騰から、この日は利食い売りで反落115ドル安で引け。
  • 株安を受けてドル円はやや円高ドル安に。東京、欧州市場でドル高が進み、98円
    半ばまで買われたドルはやや調整。

  • ドル高円安が一服したことで、ユーロ円も132円台での取引。いずれも小幅調整の
    域を出ず。

  • ユーロドルもこのところの一本調子の上昇に高値警戒感から利食い先行。
    1.38ミドルの節目を試さず下落。

  • ガイトナー財務長官とバーナンキ議長が議会で証言を行い、金融監督制度の
    強化を訴えており、AIG問題には両氏とも怒りを表明。

  • 1月米連邦住宅金融庁(FHFA)発表の住宅価格指数→+1.7%(11ヶ月ぶり
    の前月比プラス)



本日の注目点
     
  • 日   2月貿易統計 

  • 欧   3月独IFO景況指数 
      
  • 米   2月耐久財受注 
      
  • 米   2月新築住宅販売件数   
                     


NYではこのところの円売り、ドル売りが一服し、小幅調整でした。

先週木曜日にFRBによる長期債買い取り決定を受け93円半ばまでドル安が

進みましたが、その後は一転してドル上昇。

昨日のアジア、欧州では98円半ばまでドル高が進みました。

この背景には「株式市場」との相関度が再び高まったことが挙げられます。

株高により投資家がリスクを採り易くなり、リスク許容度が増すということです。

従って、株高=ドル高の構図が徐々に構築されつつあり、このところの日米株式市場

の高騰でドル高円安が進んだものと思われます。

リスク許容度の増大は再び高金利通貨への資金流入を促し、オージー、ニュージー

なども対円で大幅な上昇を見せています。


結局先週のドル急落で95円の節目は破られたものの、再び95円ー100円の

レンジに戻ったように思えます。

ポイントはやはり株式市場の行方です。

NYダウの6500ドル、日経平均の7000円が底値であったとしたら、

今後暫く高金利通貨への投資熱は冷めにくいと考えます。

2007年夏場まで続いた「キャリートレード」の再開とまでは行かなくとも

行き場を失ったホットマネーがじわじわと流入することは考えられます。

FRB,米財務省が金融収縮解消に向け総力で戦って来た結果、米金融機関の

09年1-3月期に急回復の見通しが立ち、これが世界の株式市場を大幅に

上昇させたわけですが、具体的に米金融機関の収益回復が確認できれば

現在のような為替の流れは維持できるのではないでしょうか。

来月後半には数字が公表されそうですがその前に、間もなく本邦では3月決算です。

市場では「レパトリ」の特殊要因でドル安に振れるとの読みがあるようですが、

どの程度の円買い需要があるのかは残念ながらわかりません。

3月の特殊要因ということでは「GM、クラースラー問題」も付け加えておきたいと

思います。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/229-8b67bfa0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。