FC2ブログ

ドル円早朝に113円台に乗せる 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は乱高下。朝方は112円87銭まで買われていたドル円は
    訴追されたフリン前大統領補佐官が捜査当局に協力することに同意した
    との報道で111円40銭前後まで売られる。その後再び112円台に戻して
    越週。

  • ユーロドルも1.18台半ばまで売られたあと、1.1935まで反発。

  • 株式市場はロシア疑惑問題の再燃を嫌気して下落。ダウは一時350ドル
    下げたが、引け値では40ドルの下落に収まる。

  • 債券相場は急反発。リスク回避の動きが強まったことで安全資産
    の債券が買われる。長期金利は2.36%台へと低下。

  • 金は反発し、原油価格は続伸。

  • 11月ISM製造業景況指数   → 58.2

  • 11月自動車販売台数      → 1735万台(年換算)

本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏10月生産者物価指数
  • 欧   メイ首相、ユンケル欧州委員長と会談(ブリュッセル)
  • 英   英11月建設業PMI

ドル円は週明け早朝のオセアニア市場で一時113円台に乗せ、11月17日以来となるドル高水準を記録しました。先週末のNY市場で乱高下を見せたドル円でしたが、今朝も荒っぽい動きを見せています。

米議会では税制改革法案を巡る審議が注目されていましたが、上院でも法人税を20%に引き下げることで合意したことが、今朝のドル高につながっているものと思われます。ただ、実施時期に関してはまだ上院が2019年を主張し、下院では2018年からの
実施を目指していることからまだ隔たりがあります。今後は両院協議会で調整することになりますが、今後長期化や難航する公算もあり、予断を許しません。トランプ大統領は年内の税制改革法案への署名を約束していると、ブルームバーグは伝えています。

先週末のNY市場でドル円は、一日で1円50銭前後の値動きを見せ、かなり荒っぽい動きでした。前大統領補佐官のフリン氏が訴追され、ロシア大使とのやりとりについて捜査当局(FBI)捜査官に虚偽の供述をしたことを法廷で認めて、捜査に協力する姿勢を
見せたことで、モラー特別検察官のロシア疑惑問題はトランプ政権の中枢へと大きく前進したと見られています。(ブル―ムバーグ)

ドル円はこの報道を嫌気してドル売りが加速し、111円40銭前後まで円高が進み、NYダウは一時350ドルほど急落しました。
その後は上院での税制改革法案が可決するとの見通しからドルが再び買い戻されており、この日はロシアゲート問題と税制改革法案に振り回された一日でした。NY株式市場は先週、週間としては今年最大の上昇幅を記録し、株価は極めて好調に推移しています。また法人税も20%への引き下げが決まり、好調な米景気をさらに押し上げるのではないかとの見方もあり、この状況が続けばいずれドルも緩やかに上昇すると予想しています。懸念材料はロシアゲート問題です。トランプ大統領はこの報道について、「フリン氏が副大統領とFBIにうそをついたため解任せざるを得なかった」と述べ、「フリン氏が話す内容について心配はない」と語っています。一方で、上院司法委員会のファインスタイン民主党筆頭理事は「司法妨害の根拠が固まりつつあるとわれわれは理解し始めている」と述べ、「フリン氏が単独行動をしたとは思わない」と発言しています。(ブルームバーグ)

早朝113円台に乗せたドル円はその後やや軟調な動きになっています。久々の113円台です。「日本勢のドル売り、海外勢のドル買い」という構図になりそうです。予想レンジは112円30銭~113円30銭程度を予想しますが、113円12銭近辺にある「雲の上限」(日足)を抜け切ることができるかどうかが重要です。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2378-568bb5f6

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。