FC2ブログ

中国GDPを受けユーロ円乱高下。ドル円は相場観つかめず。 



先日第1四半期決算を発表した米ゴールドマンサックス。

同時に50億ドル(約5000億円)の増資も発表し、この資金を原資に

昨年受け入れた公的資金を返済すと見られています。

何故ならば公的資金を受け入れたままだと報酬や配当に制限が加えられて、

自ら自由に決めることが出来ないからです。

当然CEOをはじめ経営幹部のボーナスにも制限があります。

同社のECOは、報酬決定の裁量権を政府に握られていると「優秀な人材を集められない」

ことを理由に公的資金返済を計画しているようですが、本音は利益を上げても自分たちが

「高額な報酬を手に出来ない」からと考えるのはうがちすぎでしょうか・・・・。

ゴールドマンは公的資金とは別にウオーレンバフェット氏率いるバークシャーから

50億ドルの出資をうけており、今回はむしろこちらの資金を返済する方が株主価値

と言う意味で優先度が高いはずです。

出資条件はバークシャーに対してゴールドマンは毎年10%の金利を払うことになって

います。

つまり、バークシャーは毎年5億ドル(約500億円)を10年間確実に受けとることに

なっているわけです。

これはゴールドマンにとって大きな負担であり、屈辱的な条件のはずです。

多くの株主は後者への返済を望むと思いますがどうでしょう?


金曜日です。良い週末を.....





<ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • ドル円は欧州市場のややドル安の流れを受け98円台後半で始まったものの、この水準をドル底値に
    じりじりとドルが上昇。

  • 週間失業保険申請件数→ 61.0万件(先週より改善)

  • 4月フィラデルフィア連銀景気指数→ ー24.4(市場予想より改善)

  • JPモルガンチェース1-3月期決算は10%の減益ながらも市場予想を上回った。

  • ネット検索大手グーグルの決算も同様にアナリスト予想を上回ったことで株価も上昇。

  • これらの発表を受けNYダウは続伸、前日比100ドル近い上昇で引け。

  • 先月まで改善傾向を見せていた住宅着工件数3月分は、再び減少し年換算で51万戸と
    10.8%のマイナスとなり、住宅市況の底入れが打ち消された格好に。

  • FRBは現在作業を進めているストレステスト(資産査定)の結果を5月4日に
    公表すると発表。


本日の注目点
                       
  • 日   日銀支店長会議

  • 日   3月の消費者動向 

  • 日   トリシェECB総裁来日(都内で講演予定)

  • 欧   ユーロ圏2月貿易収支
                   
  • 米   4月ミシガン大学消費者信頼感指数 
         
  • 米   バーナンキFRB議長講演 

  • 米   1-3月期決算発表→シティーグループ、GE   
      
                


昨日から今朝にかけての為替は結構動きました。

特にユーロ円は132円前半から129円前半へと3円の値幅でした。

少し振りかってみると・・・・。

朝方ドル円は99円半ばと日経平均の大幅高を受けてドル堅調の動きでしたが、

東京株式市場前場の引ける11時に中国の09年1-3月期GDPが発表。

市場予想を下回る6.1%に132円台に載せていたユーロ円は一気に131円台前半へ

急落。ドル円も99円割れを伺う展開でした。

午後に入い大幅高を演じていた日経平均が上昇幅を縮小すると、歩調を合わせるように

ドルが売られ98円台後半へ。

さらに欧州勢が参加すると、ユーロ円は129円台前半まで円高が進み、ドル円は98円51まで

下落し。「円全面高」の様相でした。

こうなると昨年来の円急騰場面が蘇り、円買いポジションでエントリーしがちになり、

市場参加者はNYでのもう一段の円高局面を想定するのに難くありません。

しかしNYでは上記<ひと目でわかる昨晩の動き>にあるように、円は大きく売られ

昨日の下げの8割がたを戻した格好です。



結局ドル円は‎前日の円高値98円15銭を抜けなかったことと、明確な方向感が掴めない中

ファンダメンタルズでもその時々の反応が異なり、唯一株式市場の値動きが最も有効な

指標になっているということでしょうか。

大きなトレンドとしてのドル高円安の流れは依然変わっていないと観ています。

ここ数日そのトレンドに終止符が打たれそうな局面がありましたが、現状では

依然として継続中と思われます。

本日のシティーグループの四半期決算が今回の一連の決算発表の中でも注目されています。

これまで発表済みの各行同様調達コストの改善を背景に収益を積み増してこれたのか

どうか?

すでに発表済みの各行はいわば「勝ち組」です。

これから発表を行う銀行は現在査定中のストレステストでの「健全性4分類」の

「C,D]にランクされる可能性が高いと思われる数行が登場します。

発表される米ファンダメンタルズの内容も強弱まちまちで依然まだら模様です。

為替のボラティリティーはまだ収まりそうもありません。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/244-4b7d4762

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。