FC2ブログ

日米首脳会談待ち 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は日米首脳会談を控えて小動き。経済指標が好調だった

    ことで107円21銭までドルが買われたが、勢いもなく、107円を

    挟む水準で取引を終える。

  • ユーロドルはやや下落。ドイツのZEW景況指数が予想を

    下回ったことで軟調となり、1.2336前後まで売られる。

  • 株式市場は続伸。ネットフリックスなど、好調な企業決算を

    手掛かりにダウは213ドル上昇。ナスダック指数も124ポイント高と続伸。

  • 債券相場は小幅に下落し、長期金利は2.82%台へとやや上昇。

  • 金は小幅に反落し、原油は反発。


  • 3月住宅着工件数    →  131.9万件

  • 3月建設許可件数    →  135.4万件

  • 3月鉱工業生産     →  +0.5%

  • 3月設備稼働率     →  78.0%

    本日の注目イベント

  • 日   3月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏3月消費者物価指数(改定値)

  • 英  英3月物価統計

  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

  • 米   ダドリー・NY連銀総裁講演

  • 米   クオールズ・FRB副議長講演

  • 米  企業決算 → モルガン・スタンレー、アメックス、アルコア

  • 加   カナダ中銀政策金利発表


    いよいよ日米首脳会談が始まり、市場は米国側から何が飛び出してくるのか固唾を呑ん

    で見守っています。そのためドル円は手がけにくく、昨日のNY市場では値幅も30銭

    程度と、閑散でした。米長期金利の動きが鈍いこともドル円を膠着させていますが、会

    談を控え、「嵐の前の静けさ」なのか、「杞憂に終わるのか」、ボールは米国側にある

    と言えます。

    米中の貿易戦争は回避の方向に進んでいるようです。先週のアジアフォーラムで習近平

    主席が「市場開放」に言及したことから、中国政府は早くもその行動に出ました。

    中国は2022年に外資系自動車メーカーが中国で乗用車を生産合弁する際の出資規制

    を撤廃すると発表しました。米国との貿易摩擦を避けたいとする考えをアピールしたも

    のと見られますが、電気自動車や商用車など、全ての自動車産業の外資規制を撤廃する

    というものです。

    トランプ大統領はこの規制撤廃に気を良くし、日本にも同じように目に見える実績を求

    めてくる可能性も出てきました。

    トランプ大統領は「われわれは拉致問題を取り上げる」と述べ、北朝鮮問題に関しても

    突っ込んだ意見交換が出来そうな雰囲気をかもし出しています。大統領は米朝首脳会談

    に関しても、会談の開催地として5カ所を検討していることも明らかにしています。

    また同時に、時期については6月初めないし、それ以上早くなる見込みだが、そうでな

    い場合には、会談が行われない可能性があることもあると語っています。

    (ブルームバーグ)

    今朝の段階では両首脳はまだ顔合わせ程度ですが、現時点では和やかな滑り出しのよう

    です。

    ドル円は先週末には107円78銭まで上昇しましたが、結局107円を挟む水準で上

    下しています。首脳会談で米国側から何が出て来るのかが全てですが、どちらかといえ

    ば今回の会談では日本に対する圧力が高まってくると見られます。日本側は「通商問題」

    と「拉致問題」さらに「北朝鮮の核開発廃絶問題」などについて話し合いたい意向のよ

    うですが、果たして「通商問題」を無事通過できるのか。またその先にある「為替問題」

    に触れずに済むのかによって、ドル円も大きく動くことになりそうです。

    ここ数週間は粘り腰を見せているドル円ですが、下げても106円台割れを回避できる

    のかどうかという点もポイントの一つです。

    本日はレンジ予想も難しい状況ですが、107円を中心に上下50銭程度というところ

    でしょうか。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2468-1b741347

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。