ユーロドルさらに下落し1.17台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は110円台を維持。110円03銭まで売られる場面も

    あったが、この日も米長期金利の上昇にサポートされ、110円40銭

    までドルが上昇。

  • ユーロドルは戻りを売られる展開が続き、一時は1.1763と、

    直近安値を更新する水準まで下落。前日発表されたユーロ圏のGDPが

    経済成長の減速を示したほか、イタリアの政局も重石に。

  • 株式市場は反発。ダウは62ドル上昇し、ナスダックも46ポイント上昇。

  • 債券相場は続落。長期金利はさらに上昇し、3.1%を付けたが、

    引け値では3.09%台とやや低下。

  • 金は4日ぶりに小反発。原油は3日続伸。


  • 4月住宅着工件数     →  128.7万件

  • 4月建設許可件数     →  135.2万件

  • 4月鉱工業生産      →  +0.7%

  • 4月設備稼働率      →  78.0%

    本日の注目イベント

  • 豪   豪4月雇用統計

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   5月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   4月景気先行指標総合指数

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演


    ドル円は活発な動きが見られない中、NY市場ではやや下げる場面もありましたが、

    それでも110円03銭までで、110円台を維持しています。米長期金利が昨日

    は3.1%まで上昇し、実に6年10カ月ぶりの水準まで金利高が続いています。

    この金利高に支えられる形でドル円も緩やかに上昇しており、このまま110円台

    を固めることになれば、1週間ほどかけて109円台を固めた動きにも似てきます。

    日米金利差に着目したドル買いや、大型のM&Aに伴うドル買いが報道されていま

    すが、このままさらに金利高が続けば、住宅ローン金利や自動車ローンの金利もさ

    らに上昇し、この分野での購買力を低下させることになります。足元の米景気が

    「過熱」しているのであれば、今後も政策金利を引き上げるとのメッセージを市場

    に発信しつづけ、長期金利の一段の上昇を促すフォワードガイダンスを維持すれば

    いいことになりますが、米景気が既にピークアウトしているとすれば、政策金利の

    引き上げは今後景気拡大に急ブレイキをかけることとなり、FRBの判断も慎重に

    ならざるを得ません。

    ユーロドルの急落が目立ってきました。昨日は直近の安値である1.18台前半を

    割り込み、1.1763前後まで売られ、昨年12月19日以来となるユーロ安を

    記録しました。

    前日発表されたユーロ圏のGDPが景気の減速を示したことと、イタリアの政局が

    不透明になったことでユーロ売りが加速しています。折からのドル高傾向に加え、

    ロングポジションの解消に伴うユーロ売りも下落を後押ししている格好です。目先

    のユーロの下値のメドは、昨年12月の底値である1.1718近辺と、仮にその

    水準を割り込んだ場合には、1.1670-80辺りかと、予想しています。

    このように、ここ数日はドル円の動きよりもユーロドルの動きの方が、よりドル高

    傾向を鮮明にしています。

    そのため、欧州からNY市場にかけてはユーロドルの動きが、ドル円を売買する投

    資家にとっても参考になるため、注目したいところです。

    ドル円は底堅い動きを見せてはいますが、110円台半ばがマイナーなレジスタン

    スになっていると思われます。

    昨日この欄でも述べたように、フィボナッチの示す110円88銭前後も意識され

    ることから、110円台半ばから111円にかけては、利益確定も含めて、ドル売

    りが集まりやすい水準かと思われます。

    反対に、このままドル高がさらに進み、112円台辺りまで上昇すれば、今期のド

    ル円を100円~105円に設定している輸出企業には「余裕」が出てくるため、

    急いで手当てをする必要性も後退することになります。

    現時点では米朝首脳会談の延期や、米中貿易交渉、さらには一段と混迷度を増して

    してきた中東情勢など、一気に円高に振れてしまう「種」が残っているため、輸出

    企業は、上記水準ではある程度為替の手当てをしておきたいと考えるのも無理は

    ありません。

    本日も、ドル円は昨日とほぼ同水準で推移していることから、余り動意が見られな

    いと思われます。上値は上述のように、110円台半ばを抜けるかどうか、そして下

    値は昨日1日を通じて抜けなかった110円台を割り込めるかどうかです。

    予想レンジは109円80銭~110円70銭程度とみます。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2484-d2672027

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。