FC2ブログ

 

おはようございます。

東京地方の昨日は世田谷区で集中豪雨があり大田区で一人行方不明者がでましたが、今朝は打って変わって晴天です。湿気もなく気持ちのいい朝です。まだ行ったことがないですが、洞爺湖もこんな感じなんですかね。。

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場

  • サミットで原油高に強い懸念表明があるとの予測から原油価格が前日に引き続き大幅下落。一時135ドル前半まで売られました。
  • バーナンキFRB議長が講演で、連銀のよる投資銀行向け緊急貸し出しプログラムの延長を示唆する発言を行い、NYダウでは金融株が急反発。ダウは150ドルを超える急騰を演じました。
  • また、サミットでは引き続きが米大統領から「強いドル」発言がありドルは終日底堅い動きでした。
  • 米 5月消費者信用残高 → 78億ドル(予想を上回る)


本日の注目点

  • 欧 ユーロ圏第一四半期GDP

昨日は東京市場が引け、欧州が参加し始めたころからドル/円が売られ、106円25あたりまで下げました。このままではNYで105円台突入の雰囲気がありましたが、その後106円台後半まで戻し、NYでは一転してドル高でした。特に大きな材料は見られなかったようですが、結局原油価格の大幅下落が引き金になったようです。

7月3日WTIの引けが145ドル29セントでしたから、高値から丁度10ドルほど下げたところです。このまま下げるとの見方は少なく、120ドルまでは「調整の域」だという専門家もいます。

実際にサミットでは原油市場安定化への具体策は見えてきませんし、CO2の削減にしても、G8と中国をはじめとする新興国の間で利害の対立が表面化してきました。

為替に関してはブッシュ大統領が「強いドル」を強調していますが、首脳宣言に盛り込まれる可能性は少ないようです。唯一、仏サルコジ大統領が「弱いドルと強いユーロ」に言及していた程度です。サミット効果とでもいえるドルの現在のレベルはいずれ修正を迫られるものと観ています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/25-86a1e56a

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。