FC2ブログ

米長期金利3.09%に上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は東京時間夕方に112円44銭まで買われたものの、NY市場では

    上値を試すこともなく小動き。112円前半から半ばで推移し、上値がやや重く

    なってきたが、米金利の上昇がドルをサポート。

  • ユーロドルはやや水準を下げ、1.16台で推移。中国の李首相が

    人民元切り下げを否定したことで、新興国通貨や豪ドルが上昇。

  • 株式市場は続伸したが、ナスダックは小幅なマイナスで引ける。

    米長期金利が続伸したことで、ダウは金融株を中心に158ドル高。

    ダウは3日連続で3桁の上昇を見せ、引け値でも2万6400ドル台に。

  • 債券相場は続落し、長期金利は一時3.09%台まで上昇。

    今回の上昇で、今後3%台が定着するとの見方も強まる。

  • 金は反発。原油は在庫が3年ぶりの低水準だったことを手がかりに

    大幅高。前日比1.27ドル上昇し、71ドル12セントで引ける。


  • 8月住宅着工件数      →   128.2万件

  • 8月建設許可件数      →   122.9万件

  • 経常収支(4-6月)     →   -1015億ドル

    本日の注目イベント

  • 豪   豪4-6月期経常収支

  • 豪   豪4-6月期GDP

  • 欧   ユーロ圏9月消費者信頼感(速報値)

  • 英   英8月小売売上高

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   8月景気先行指標総合指数

  • 米   8月中古住宅販売件数

  • 米   9月フィラデルフィア連銀景況指数
      

    昨日のNY債券市場では、10年債利回りが一時3.09%台まで上昇(価格は下落)

    し、ドルを支える材料になりました。今週火曜日から3%の大台に乗せ、それ以降も

    ジリジリと上昇が続いています。米中貿易問題も、市場は悪材料と見ていないという

    ことのようですが、今回は3%台が定着するといった見方も強まってきました。

    昨日は10年債だけではなく、20年債や30年債といった超長期債も揃って上昇し

    ており、イールドカーブのフラット化にもやや変化が出てきました。

    ブルームバーグデータによると、短期債との利回り差はこの1カ月余りで 最大に広

    がっています。昨日の日銀決定会合では政策の変更はなく、黒田総裁は会見で(出口

    戦略は)「あくまでも2%の物価目標を達成してから」と語り、今後も現行の超低金

    利政策を継続していく姿勢を改めて示しました。

    日本の金利がまだ当分上がらず、一方で米国の金利が今後も緩やかに上昇すれば、日

    米金利差はますます拡大し、ドル円にとってもドルの支援材料になるはずです。

    もちろん、為替の水準は金利差だけでは決まりませんが、長い目で見ると、金利差は

    為替に大きな影響を与えていることも事実です。

    ドル円はチャートから見ても上昇傾向を示しており、足元の動きは112円台を固め

    ている状況かもしれません。日米で株価が堅調であることから、「リスクオン」の流

    れが強まっており、特に出遅れ気味だった日本株は連日大幅高を見せています。

    日経平均株価は「2万3000円の壁」を超えてからは一気に上昇速度を速め、2万

    4000円も視野に入ってきました。加えて、朝鮮半島では、南北の融和ムードが高

    まり、北朝鮮は条件付きながら非核化に向けた姿勢を示しています。

    ポンペオ米国務長官は、国連総会に出席するため訪米中の北朝鮮外相と会談する予定

    もあるようです。

    本日は自民党の総裁選があります。午後には結果が判明するようですが、安倍氏が総

    裁に選ばれるのは確実で、焦点はその「勝ち方」です。

    再び安倍政権が立ち上がれば、「アベノミクス」にも再点火され、株価の支援材料に

    なります。

    上でも触れたように、今週に入り日本株が上昇基調を強めているのも、そのあたりを

    先読みしているのかもしれません。株価の上昇はドル円の支援材料にもつながります。

    ただ、仮に僅差の勝利に終わるようだと、安倍氏の求心力にも疑問が付き、今後の波

    乱要因になるかもしれません。今朝のブルームバーグ・ニュースでは「安倍氏が僅差

    の勝利という結果になれば、安倍政権の終わりの始まり」という見方を紹介していま

    す。米長期金利の上昇、朝鮮半島の平和的なムード、さらには堅調な日米の株価、と

    いった好材料が揃っている中、米国発貿易戦争への警戒感は徐々に薄れつつあります。

    ドル円も上値を一気に突き抜ける地合いではないものの、底堅い動きが予想されます。

    本日の予想レンジは、安倍氏が圧勝するとの前提に、112円~112円80銭

    程度を見ています。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2568-79a0adde

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。