FC2ブログ

ユーロドル2カ月ぶりに1.18台を回復 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 昨日は東京市場が休みのため、アジア時間では動かなかった

    ドル円はNY市場では緩やかに上昇。112円84銭までドル高が

    進み、ほぼこの日の高値圏で引ける。

  • ユーロドルはドラギECB総裁の発言を受けユーロ買いが加速し、

    1. 1815と、6月中旬以来となるユーロ高をつける。ユーロは対円でも

    133円台に乗せる。

  • 株式市場は政治、貿易リスクが高まったことから反落。ダウは

    5日ぶりとなる181ドル安。一方ナスダック指数は6ポイントの上昇。

  • 債券市場は続落。ドイツ国債が売られたこともあり、債券価格は下落。

    長期金利は3.08%台で引ける。

  • 金、原油はともに上昇。原油価格はイランからの供給が減少するとの

    見方が広がる。

    本日の注目イベント

  • 日   日銀金融政策決定会合、議事要旨

  • 日   黒田日銀総裁講演(大阪)

  • 米   7月FHFA住宅価格指数

  • 米   7月ケース・シラ-住宅価格指数

  • 米   9月消費者信頼感指数

  • 米   9月リッチモンド連銀製造業指数


    ドル円は112円台半ばから後半で堅調に推移しています。

    昨日は東京市場が祝日で休みで、アジア時間に112円台半ばまで売られた場面も

    あったようですが、NY市場では112円84銭まで買われ、先週金曜日に記録し

    た112円88銭にわずかに届かない水準までドル高が進んでいます。

    ドル円の動きは、上げるにしても下げるにしても、そのスピードは緩やかなのが、

    このところの特徴です、また昨日もクロス円からの円売りの影響があったと思われ、

    特にドラギECB総裁の発言もユーロ買いにつながりました。

    総裁は講演で、「ひっ迫しつつある労働市場が賃金の伸びを加速させる中で、向こ

    う数カ月に基調的なインフレ率はさらに上昇する見込みだ」とし、「域内の価格圧

    力は強まりつつあり、裾野を広げている」と述べました。来年終盤の利上げ実施見

    通しに向け、順調に進んでいることを印象付けユーロ買いを誘いました。

    ユーロドルは6月14日以来となる1.1815まで上昇し、この結果、上値は限

    定的だと見ていた相場観も修正を迫られる状況が近いかもしれません。

    日足チャートでユーロドルは、既に「雲抜け」を完成させており、MACDでは両

    線ともプラス圏に入っています。

    今後1.17台を固めるようだと、もう一段上昇し、「200日移動平均線」のあ

    る1.19台半ばまでの上昇もないとは言えません。

    ただドル円ではドル高が続いており、この状態でユーロドルが上昇すれば、ユーロ

    円はさらに上昇するということになりますが。どうでしょう・・・・。

    今朝も話題の中心はトランプ大統領です。訪米中の安倍首相は24日夕、トランプ

    大統領と会談を行い、26日の首脳会談後に通商問題に関する最終決断を行う模様

    ですが、その前には本日、茂木経済再生担当相がライトハイザー米通商代表部代表

    と協議を行う予定でしたが、日本時間の今朝、突然米国側から延期の申し出があり、

    延期が決まったようです。茂木大臣は、記者団に、「何か両国の間に揉め事があっ

    たわけでは全くない」と語っていましたが、日米の通商問題をめぐる溝が埋まって

    いないことが「原因」である可能性もあります。

    いずれにしても、今回の首脳会談では、これまでのような和やかな雰囲気で「シン

    ゾウ、ドナルド」とお互いを称えている状況ではありません、

    11月の中間選挙では苦戦をしており、何としても「成果」の欲しいトランプ氏が

    どこまで本音をむき出しに貿易赤字削減を迫ってくるのか、見ものです。

    ドル円の動きは鈍いですが、下げるイメージが徐々になくなってきたような印象で

    す。先週の18日(火)に112円台を回復して以来、まだ一度も112円を割り

    込んではいません。

    一方で112円80銭から上値がやや重くなり始めており、これで113円には届

    かない展開になってはいますが、クロス円全般の上昇傾向、米長期金利の上昇傾向

    と、ドル円を支える材料があるため、いずれ113円台乗せはあるとは思いますが、

    「好事魔多し」と言います。もしかしたら、今回の日米首脳会談がそのきっかけに

    なるかもしれません。ここは一旦利益を確定するチャンスを探してもいいのではな

    いかと思います。

    本日のドル円は112円30銭~113円10銭程度を予想します。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2570-c183325a

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。