FC2ブログ

米長期金利、一時3.11%台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • ドル円は小動きながら堅調に推移。米長期金利がさらに上昇

    したことがドルを支え、112円98銭までドル高が進み、この日は

    ほぼ112円台後半での取引に。

  • ユーロドルは1.17台半ばから後半で一進一退。

  • ポンドドルは、メイ首相が早期の総選挙は英国の最善の利益

    ではないと発言したことで上昇。一時は、1.3193前後まで上昇。

  • 株式市場は続落。トランプ大統領が国連で中国との貿易赤字は

    「受け入れられない」と発言したことを嫌気した。ダウは続落し、一方

    ナスダックは小幅ながら続伸。

  • 債券市場は引き続き軟調に推移。長期金利は一時3.11%台

    まで上昇し、3.09%台で取引を終える。

  • 金は小幅に続伸。原油は引き続きイランの供給懸念が重石と

    なり続伸。引け値では72.28ドルと、約4カ月ぶりの高水準に。


  • 7月FHFA住宅価格指数         →  0,2%

  • 7月ケース・シラ-住宅価格指数    →  5.9%

  • 9月消費者信頼感指数          →  138.4

  • 9月リッチモンド連銀製造業指数    →  29

    本日の注目イベント

  • 米   FOMC 政策金利発表

  • 米   パウエル議長記者会見

  • 米   8月新築住宅販売件数
      

    トランプ大統領は昨日国連総会で演説を行い、これまでの自分の主張をまくし立て

    ました。まずは中国でした。中国の習近平主席を「尊敬」しているとした上で、中

    国による貿易・経済面での乱用を「容認することはできない」とし、「国民を守る

    ことについて、米国が謝罪することは決してない」と述べました。

    また、OPECに対しても批判の矛先を向け、「OPEC加盟国は相変わらず世界

    の他の国々を搾取している。私はそれが気に入らない」と主張しています。さらに

    イランに対してもイラン核合意離脱の正当性を主張し、「経済的圧力」をかける

    米国のやり方は、イランの攻撃性を抑制する」とも述べています。(ブルームバー

    グ)

    一時延期された日米貿易協議が始まりました。日本側は自動車への関税引き上げを

    何としても避けたい意向で、そのため本来は米国をTPPへ復帰させたいところで

    すが、米国側が求める「2国間協議」を受け入れる方針と伝えられています。

    ただ、これは茂木経済再生担当相とライトハイザーUSTR代表での話であって、

    本日予定されている安倍首相とトランプ大統領とのトップ会談でも受け入れられる

    のか予断は許しません。トランプ氏は既に日本に対しても、これまでとは異なる対

    応をすることを示唆していました。

    本日はFOMCが開催され、今年3回目となる利上げが決定されると見られます。

    注目は、会合後に公表される政策金利の見通しです。今年さらにもう1回の利上げ

    があるのかどうかを探ることになりそうです。8月のジャクソンホールで行われた

    パウエル議長の講演では、「利上げは急がない」との発言があり、一部には「政策

    金利引き上げ停止も近い」といった見方も浮上してきました。

    またFRB内にも、ブラード・セントルイス連銀総裁のように、「金融を引き締め

    すぎて景気後退のリスクを不必要に高めてはいけない」といった意見も出ています。

    12月利上げの可能性が再び高まるようだと、ドル円は113円台にしっかり乗せ、

    さらに上値を試すことも予想されますが、一方で12月利上げの可能性がさらに低

    下することも考えられます。

    ドル円の動きは非常にゆっくりです。しかし確実に下値を切り上げ、ドル高傾向を

    示しています。足元の動きは113円台乗せを試している状況と思われます。

    113円台前半には、7月19日に記録した直近高値である113円18銭があり、

    さらに「週足」では、「200週移動平均線」が113円20銭前後に位置してい

    ます。ここをしっかりと抜け切れば、ドル円の今年の最高値である113円39銭

    あたりが視野に入ってきます。

    今や「貿易問題はドル高要因」と思えるほど、市場は貿易問題に楽観的です。加え

    て、米長期金利も緩やかな上昇傾向を示しており、今回は3%台を定着させるよう

    な動きを見せています。ドル急落のシーンを忘れるわけにはいきませんが、その場

    面にもなかなか遭遇しません。「Buy on dip 」ということでしょうか。

    本日のレンジは112円50銭~113円30銭程度を予想します。日本株は本日

    「権利落ち」ということで、理論的には配当相当分の下げが見込まれます。

    焦点は、それでもプラスで引けることになるのかどうかです。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2571-4db5e896

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。