FC2ブログ

ドル円112円台半ばを回復 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は続伸。米長期金利が上昇したことや、財務省が公表した

    為替報告書で、中国を為替操作国に認定することを見送ったことが

    材料となり、112円68銭までドル高が進む。

  • ドル高が進んだことでユーロドルは続落。1.1496まで売られ、

    1.16を挟んだ展開から水準を一段切り下げる。

  • 株式市場は反落。FOMC議事録で、今後も数回の利上げが

    実施される可能性が示されたことが重石に。ダウは91ドル下げ、

    その他の主要指数も揃って反落。

  • 債券相場は大幅に下落。FOMC議事録でタカ派の内容が示された

    ことで売りが優勢に。長期金利は3.20%台に上昇し、1週間ぶりの

    高水準に。

  • 金は反落。原油価格も在庫が予想以上に増加していたことを手がかりに

    2ドル以上売られ、約1カ月ぶりに70ドル台を割りこむ。


  • 9月住宅着工件数       →   120.1万件

  • 9月建設許可件数       →   124.1万件

    本日の注目イベント

  • 豪   豪9月雇用統計

  • 日   9月貿易収支

  • 英   英9月小売売上高

  • 英   カーニー・BOE総裁講演

  • 米   9月景気先行指標総合指数

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   10月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演

  • 米   クオールズ・FRB副議長講演

  • 米  企業決算 → ブラックストーン、アメックス

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演

  • 米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演

      

    今回のドル円急落の背景は、米長期金利が急上昇したことで、それまで順調に買われて

    いた株が逆回転し、ほぼ一緒に最高値を更新していた主要3指数が大きく売り込まれた

    ことで、リスク回避の動きが強まり、安全通貨の円が買われ、ドル安が進みました。

    昨日のNY市場でも、FOMC議事録の公表をきっかけに、長期金利が上昇し、株価が下

    落しましたが、今回ドル円は金利上昇に引っ張られる格好で、ドル高に反応しています。

    株価の下落が先週ほどの下げを見せなかったこともありますが、市場の反応はなかなか

    一定ではありません。ドル円は112円68銭まで上昇し、今朝6時前後には112円72銭

    までドルが上昇しています。昨日ドルを押し上げたもう一つの材料が、財務省が半期に一

    度議会に報告する「為替報告書」でした。この報告書の中で、中国が「為替操作国」に認定

    されるのではないかとの予想がありましたが、同省は認定を見送りました。報告書では中

    国に対して、最近の人民元安を受けて相場動向を注視すると通告する一方で、「為替操作

    国」に認定することによって貿易戦争が一段と激化する事態を避けたと見られます。

    (ブルームバーグ)また、中国人民銀行(中央銀行)による直接的な介入はこのところ「限

    定的」だが、中国が為替介入を開示しないことは「極めて遺憾」だとしています。さらに日

    本についても、大幅な対日貿易赤字が続いていることを引き続き懸念していると報告して

    います。

    米中貿易戦争は一向に収まる気配が見えず、もはや「消耗戦」になっています。このまま

    さらに報復合戦が続けば、中国が、よりその影響を受けると見られますが、米国にとって

    も消費の減速を避けることは難しく、結局両国にとっても、あるいは世界経済にとってもマ

    イナスであることは明白です。今回の「為替報告書」で、中国を「為替操作国」に認定しな

    かった背景には、こういった影響を避けたかったことと、11月の「G20」で、トランプ大統領

    と習近平主席のトップ会談が開催される方向であることから、これ以上の刺激を中国に与

    えることは得策ではないとの判断が働いたものと考えます。

    9月のFOMC議事録が公表されました。

    9月の会合では、今年3回目となる利上げが決定されたこともあり、「タカ派的」な内容だ

    ろうと予想していましたが、結果はその通りでした。議事録では「数人の参加者は、政策が

    当面やや抑制的になる必要があるとの見解を示し、他の幾人かはフェデラル・ファンド(F

    F)金利を当局が予想する中立的なレベルを上回る水準へ一時的に引き上げることが必要

    になると判断した」と記されていました。(ブルームバーグ)

    FOMCメンバーの直近の予測では、長期的な中立水準を「3%程度」と予想しているようで

    す。111円台半ばまで売られたドル円は、1週間ぶりに112円台半ばを超える水準まで戻

    してきました。今回のドル円の戻りのメドをフィボナッチで推測すると、38.2%が112円7

    9銭前後となり、今朝の水準に近づいています。

    ここを抜けると、半値戻しの113円09銭前後ということになります。現在「4時間足」の雲の

    下限に抑えられている状況ですが、それ以外にも112円85銭前後には「日足」の転換線や

    基準線が集まっています。本日はNY株が下落したことや、日経平均株価もここ2日で560

    円程上昇したこともあり、日経平均の上値は重いと思われます。そのため、本日の日本株は

    下げると見ていますが、円安が進んでいることから、その下げも本日に限れば限定的でしょ

    う。予想レンジは112円20銭~113円程度と見ますが、どうでしょう。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2585-df37cb23

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。