FC2ブログ

英国のEU離脱問題前進か? 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は112円台で小動き。米長期金利が上昇したことから

    ドルは底堅く、112円65銭まで買われた。

  • ユーロドルは小幅に反発。イタリアが予算案を見直すとの観測も

    あり、ユーロドルは1.1534まで上昇。ただイタリア国債が格下げ

    されたこともあり、上値も限定的。

  • 株式市場はまちまち。ダウは3日ぶりに64ドル反発したが、

    ナスダックとS&P500は3日続落。

  • 債券相場は反落し、長期金利は3.19%台まで上昇。

  • 金は小幅に下落し、原油は反発。


  • 9月中古住宅販売件数    →  515万件

    本日の注目イベント

  •    特段重要なイベントはなし 

    ドル円は111円台後半が底堅いものの、112円台60-80銭近辺が抜け

    きれない展開が続いています。NY発世界同時株安の嵐は、やや収まりそうな

    気配はありますが、まだ収束したとは言えず、ドル円も神経質な動きが予想さ

    れます。今週終わった時点で株価が安定しているようだと、世界同時株安の嵐

    は過ぎ去ったと判断できるかもしれません。ただ、その後には「中間選挙」と

    いう次の嵐が待っています。

    引き続き話題に事欠かないトランプ大統領ですが、今度は旧ソ連との間で結ん

    だ「中距離核戦力廃棄条約」(INF)を破棄する意向を示しました。

    「ロシアや中国が戦力を増強するのに米国だけ条約を順守することは受け入れ

    られない」と、その理由を述べています。北朝鮮に核廃絶を迫りながら、一方

    米国は核開発をさらに進めるなど、トランプ政権は戦力の増強に努めています。

    果たして国際社会に受け入れられるのでしょうか。

    「 Make America great again !」とは、軍事的に米国を強くすることとは思

    えませんが。

    米中貿易戦争は現在小康状態ですが、先週金曜日に発表された中国の7-9月

    期のGDPは「6.5%」と、やはり前期に比べ悪化していました。預金準備

    率を下げるなど、中国政府は米国との貿易戦争の影響を軽減することにやっき

    になっていますが、米国による制裁関税引き上げ

    第三弾の2000億ドル(約22兆5千億円)相当が発動されたのは9月24

    日で、その影響が本格的に出るのは10-12月期と見られます。終わりの見

    えない米中貿易戦争ですが、米中両首脳は「G20」が行われる11月29日

    に会談することで暫定合意したと報じられており、この会談が実現したら、貿

    易戦争の改善に何らかの合意がなされると期待したいところです。

    英国のEU離脱問題でも動きがあったようです。現在、英国領北アイルランド

    とアイルランドの国境管理の問題で混乱が続いている状況ですが、メイ首相は

    22日、EUとの離脱交渉が「95%既に決着している」と議会で説明すると

    のコメントを出しています。(ブルームバーグ)

    ただ英国では再度国民投票を行うことを要求するデモもあり、まだ混乱は続き

    そうですが、本日行われるメイ首相の演説に注目したいと思います。

    ドル円は先週111円63銭までドル安が進む場面がありましたが、再び11

    2円台半ばまで反発しており、「日足」チャートではまだ、上昇トレンドを維

    持していると見られます。

    今週にも113円台まで上昇できるのか、それとも再び111円台半ばを試し

    に行くのかが焦点です。

    本日のレンジは112円~112円80銭程度を予想します。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2587-165c46bb

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。